TOPICS

APR10

アーカイブ

ココロ動く SHORT FILM CONTEST
東京美人

TOPICS

APR10

TOPICSトピックス

GP KICK OFF 2019 ~あしたのGLOBAL PRODUCE~

皆さん、ご無沙汰しております!

グローバルプロデュースの神谷です。

 

仕事をしていると、月日が経つのがめちゃくちゃ早いです。

気が付けば、僕が入社して3年……3年です。早い!

 

ということで(?)先日、僕自身は3回目となるGP KICK OFFを迎えました。

多くの会社がそうであるように、GPにとってKICK OFFは特別な意味があります。

今回、僕は3回目にして初のKICK OFFメンバーとして、2か月前からコツコツと準備してきました。

その成果……じゃない、GP極秘のKICK OFFの内容をコッソリ皆さんにお伝えしちゃいます!

KICK OFFは当社代表、光畑のプレゼンから始まりました。

GP社員全員に向けて発信された光畑のプレゼンは『エモーショナルなプレゼン』!

プレゼン時間は一時間だったのですが、「えっ、もう一時間経ったの!?」と驚くほど、あっという間でした。

勉強になること盛りだくさん。

僕もこんなプレゼンがしたい……

プレゼンの内容は、大きく分けて3つです。

 

■今期のテーマ発表

■これからのGPについて

■GP OF THE YEAR(年間で良い仕事、業績に貢献した社員の表彰)の発表

まずは、今期のテーマ発表。

GPでは毎年テーマを決め、そのテーマを腹に落とし込んで活動しています。

昨期のテーマは『どの会社よりも顧客を大事にしよう』という意の『FOR CLIENTS』でした。

 

2018年『FOR CLIENTS』の心を決して忘れず進んだGPが

次のステップに行くための、2019年、今期のテーマ。

 

それは・・・

「VENTURE」

 

光畑曰く

「GPは常識にとらわれずに挑戦する。

バランスを維持したまま新しいことはできない。

それぞれがGPというプラットホームを活用して未来を切り開く。

2019はもう一度、何もないところから

会社を創り上げるという気概を持つ」。

 

光畑の熱い気持ちが込められた『VENTURE』という一言。

そこに込められた『何かを生み出す』という発想。

僕の頭をよぎったのは、スティーブ・ジョブスの名言でした。

 

 

「昨日のことをあれこれ悩むより、明日を生み出そう。」

By Steve Jobs

日々の業務に追われがちな自分の心に、熱いものがこみ上げてきました。

よし、がんばろう……良いものを創り出すぞ!

 

そして、サプライズな発表もありました!

 

GPのメガネこと『松崎義大』

そして、GPのマスコットキャラクター『燕雪』の

ディレクター昇格!

いやー嬉しい!!

本当におめでとうございます。

 

GP OF THE YEARが誰だったのかは……皆さんのご想像にお任せしましょう!

 

テーマ発表と昇格発表、表彰でやる気がみなぎる中、KICK OFFは第2部に突入!

第2部では、今年から初導入の『川本のあしたTIME』を開催しました。

今期のテーマ『VENTURE』を受けた第2部のコンセプトは

 

2019!GPを加速させろ!VENTUREを加速させろ!

「あしたのベンチャーラボ」です。

実は、KICK OFFの事前段階としてロゴ+ポスターを作成し、社内をジャックしていました。

3月下旬にGPに来社いただいた方の中には、これらのポスターを見た方もいるのでは……?

ちなみにロゴ+ポスターは弊社の四宮がデザインしました。ありがとう!

 

『あしたのベンチャーラボ』はKICK OFFチームリーダー川本の発案です。

 

初回打ち合わせの時に

「ベンチャースピリットとは一人ひとりがキャラ立ちし、

一人一人が光り輝くこと。その集合が会社の筋肉となり原動力となる。

あしたのGPを考え、語り合い、動くLABOみたいなのはどう?」

という提案があり……

他メンバーも「それで行きましょう!」と即決。

 

僕自身『自分だけが出来るイベントプロデュースってなんだろう?』

と考えていた時期でもあったので、個人的にかなり面白いと感じました。

イベントプロデューサーは個性が出やすい職業です。

だからこそ、GPメンバー一人一人のビジョンを改めて聞いてみたかったのです。

 

コンセプトが決定したので、具体的に話を詰めていき

「あしたのじぶん」と「あしたのチーム」の二部構成でいくことに。

 

まずは「あしたのじぶん」!

 

若手の社員を中心に

  • 宣言:こうなりたい!こう成長したい!
  • 経過共有
  • 成果:こうなれた!(なれなかったがここまでは行けた。)

という軸を事前に伝え、1ヵ月かけて考えてきてもらいました。

発表中は

「意外……」「へー、こんなこと思ってたんだ」など、驚きと発見の声が止まりません!

ふだん一緒に働いていても、こういった話をじっくりする機会はなかなかないもの。

皆の色々な思いを強く感じられる、とても貴重な時間でした。

 

 

そして、2部後半は『あしたのチーム』。

メンバーをいくつかのチームに分け、

『2020GP旗立てチャレンジ宣言』をテーマに考えてきてもらいました。

 

具体的な内容は極秘事項ですが……写真をちらっとお見せしますね!

とにかく前向きな意見が飛び出し、

僕が経験してきたKICK-OFFの中でも、例にないくらい自主性が滲み出たチーム発表でした。

 

……。

「でした」……?

いえ、ここからが本番です!

 

あしたのベンチャーラボには、KICK OFFの第2部と、もう一つ役割があるのです。

その役割とは

『KICK OFFイベントを単発的、1dayのイベントとして終わらせず

チーム・会社が一丸となり、年間を通じて個人の成長をバックアップすること』。

 

KICK OFFは、会社としてのスタートです。

ここからは、各メンバーが、あしたのベンチャーラボでの宣言をもって、

あしたの「じぶん」と「チーム」を作り上げる番です!

 

 

長々と書いてしまいましたが……

こうして、2019年GPは新たな『旅』を始めました。

 

お客様への想いを胸に秘めつつ、ベンチャースピリットを『実現』していく。

そんな年にしていくことをここに誓い、締めの言葉とさせて頂きます。

 

『あしたのGLOBAL PRODUCE』にご期待ください!