GP JOURNAL

意外と知らない?イベント会場選定のポイント【DIRECTOR’S TV】

こんにちは!GP河西です。
今日は『イベント会社選定のポイント』について、動画で解説させていただきます!

会場選定で押さえておくべき4つのポイント

イベントを企画する際、真っ先に考えることのひとつが会場選定ですよね。このとき、ただ収容人数だけで決めてしまうと、後々大変なことになってしまいます。
会場選定で失敗しないためのポイントを4つお伝えしましょう!

1:場所(アクセス)

イベント会場選定と聞いて、真っ先に思いつくのが場所です。特に大型のイベントになる場合、ロケーションだけでなく、利便性の点もかなり重要。交通の便はどうか、駐車場は十分かなどチェックしておきましょう!

2:金額(予算)

読んで字のごとくです(笑)。他の要素と金額のバランスにより、最終的な会場が絞り込まれます。地域によって、設備によって本当にピンからキリまである点や『一日だけ借りるわけではない』点も踏まえてチェックしておきましょう。

3:キャパシティ(広さ・天井高)

会場の広さと天井の高さです。『収容人数』はあくまでも目安なので、広さと天井高をしっかり調べておくことが欠かせません。
また、意外と盲点なのが天井高です。

天井高は『使用できるスクリーンの大きさ』に密接にかかわる重要ポイント。今やイベントでのスクリーン使用率はほぼ100%ということを考えても、天井高があるところを選ぶのがオススメです。

4:押さえられる時間

企画側として会場を押さえる際に重要なのが『会場を押さえられる時間』。実際にリアルイベントを行う場合、会場は当日、イベント時間だけ借りればいいというものではありません。設営や片付け、リハーサルの期間も会場を使用しますから、本番を含む2日間は必須と考えるのがオススメです。

会場を下見するときはここをチェック!

リアル開催の場合、会場はネットの情報だけで決めず、できる限り会場の下見に行くのがオススメです。写真と実際ではイメージが違うことも多々ありますので……

そして、下見に行った際に忘れないでほしいのが次の2点です。
・会場の写真・動画を撮る
・搬入口をチェックする

その時はどんなに強い印象があったとしても、時が経つと忘れてしまうのが人間です。また、会場の様子は言葉では説明しきれない部分もあります。写真や動画を撮っておくと後からも見直せますし、下見時点では気にしていなかった点が気になった時にもチェックできます。

もうひとつ、下見時に必ずチェックしておきたいのが搬入口です。搬入口については会場のホームページ等にも情報があまり載っていないので自分の目で確かめる必要があります。搬入口の位置とサイズ、会場までの導線は装飾等に大きく影響しますので要チェックです!

動画ではさらに詳しく会場選定時のポイントをお話ししています。ぜひご覧ください!

KNOWLEDGEイベントノウハウ

公開日:

2022FEB

16

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ