GP JOURNAL

オンラインイベントに欠かせない『配信プラットフォーム』を特徴毎に徹底解説!

こんにちは!GP神谷です。
Director’s TV第2弾、『配信プラットフォームって何のこと?』


この動画ではタイトルの通り、『配信プラットフォーム』の種類や活用法について、GPの外村がお話ししています。

配信プラットフォームって、そもそも何のこと?

配信プラットフォームって何のこと?

オンラインイベントをするにあたって、まず最初に考えることの一つが『配信プラットフォームを何にするか』ですが……そもそも『配信プラットフォーム』とは何のことで、どんな種類・特徴があるのでしょうか?

GP外村は動画内で『配信プラットフォームとは、ネット上で動画を配信するために使うシステムのこと』と説明しています。
配信プラットフォームにはYoutubeやzoomといった、誰でも使用できる有名どころから有料限定のところまで、様々な種類があり、この配信プラットフォームを通すことで、多くの方に動画を届けることができるのです。

配信プラットフォームにはどんな種類があるの?


このシステムには大きく分けて『WEB会議系』と『映像配信系』の2種類があり、それぞれ得意なことが異なります。

web会議系

web会議系とはいわゆるビデオ会議のシステムで、配信側・受信側、双方向の通信を得意としています。テレワークで話題になったzoomなどが代表例。参加者同士で画面やファイルを共有する機能がついているものもあり、会議等に向いています。一方、画質や音質は次に紹介する『映像配信系』に比べると少々荒くなりがちです。

映像配信系

Youtubeなどに代表される、主催が一方的に動画を配信するスタイルの配信プラットフォームです。基本的に受信側は見るだけで双方向のやり取りには向いていませんが、その分高画質・高音質の動画を大人数に向けて配信することができます。
特に、全社総会などの大規模な映像配信やメディア向けの発表に向いています。

この2つはそれぞれ役割が異なるため、自分たちのコンテンツに合うほうを選ぶのが重要。また、各配信プラットフォーム内でも安価で使用できるもの、セキュリティレベルを高められるものなど機能は様々。
さらに詳しい情報は動画内でお話ししていますので、ぜひDirector’s TVをご覧ください!

ONLINE EVENTオンラインイベント
の実績やノウハウ

2020JUL

31