GP JOURNAL

【DIRECTOR’S TV】『コロナ禍でのイベント』意識調査アンケート!

こんにちは!GP神谷です。
コロナ禍になったことで急に騒がれるようになった言葉といえば『ニューノーマル』。ニューノーマルのイベントとは、ニューノーマルのビジネスとは……とあちこちで言われているのですが「ところで、結局ニューノーマルって何?」「具体的に何がどうなったの?」と首をかしげている人も(私含め)多いのではないでしょうか?

『ニューノーマル』とは社会に大きな変化が起こった結果、その変化前に戻ることはなく、新しい常識が定着していくことを指します。
例えば、コロナ前は人前でマスクをすることが非常識だといわれていましたが、今ではマスクをしないことの方が非常識です。
また、コロナ前のライブ映像などを見ると『盛り上がってるなぁ』という気持ちと共に『密だなぁ』『集まりすぎてて怖い』と思ったりします。この『常識の変化』をニューノーマルと呼ぶんですね。

さて、ではイベント業界においてどんなニューノーマルが生まれたのでしょうか? 今回、DIRECTOR’S TVでは20代~40代の社会人300人を対象に、ニューノーマルのイベント事情について意識調査を行いました!

会社でやってほしいイベントの第一位は『表彰式』

イベントと一言で言っても、様々なものがあります。では、社員はどんなイベントを求めているのでしょうか?
アンケート結果はこちら。なんと『表彰式』が第一位です。

『入社式・内定式・会社説明会』という定番イベントを押さえての堂々の第一位。 どれほど求められているかがわかります。

なぜ、こんなに表彰式が求められているのか?
それは人間が持つ承認欲求が原因ではないかと思います。テレワーク等で孤独に作業をしているとどうしても『認めてほしい』という気持ちが湧き上がってくるもの。表彰式は自分を認めてもらえる機会であると共に、晴れやかな気持ちで交流ができる機会でもあります。人気が出るのは当然かもしれませんね!

リアルイベントを求めているのは、意外にも……

次の質問は『リアルイベントとオンラインイベントどちらがいい?』というもの。これは世代によってかなり大きな差が出ました。

しかも……『年齢が高い方がリアルイベントに慣れているしリアルイベント思考だろう』と思ったら、意外や意外。若者の方がリアルイベントを求めているという結果に!

さらに、40代は『どちらでもいい』という人が50%を占めるのに対し、20代は33%。
この結果はちょっと驚きですよね。
20代はネットが当たり前のようにあり、配信にも慣れ親しんでいるからこそ『特別感』をリアルイベントに求めるという傾向があるのかもしれません。

社長プレゼンは校長先生の話ではないけれど……

もう一つ、20代と40代で大きな差が出たのが『社長や役員のプレゼンを聞きたいか』です。20代は『聞きたくない』が『聞きたい』を上回りました。40代は過半数が『聞きたい』と思っているのとは対照的ですね。
会社にもよりますが、20代はまだ役職についていなかったり、部下がいない人も多いのかもしれません。そのため、どうしてもトップの人の話を通過儀礼的というか、校長先生の話のように捉えてしまうのかも?
とはいえ、今はトッププレゼンテーションが企業ブランディングのカギを握る時代。20代を惹きつけるプレゼンを行うのも社長の役割になるかもしれませんね。

イベントのニューノーマルを知って企画に活かす

お話ししてきたとおり、イベントの捉え方は世代によって大きく変わっています。ニューノーマルの中でも階層が分かれているんですね。
この『世代によって変わる意見』を理解し、イベント企画に盛り込むことで、より参加者の心をつかむイベントができるようになるのです!

動画ではさらに詳しく、アンケート結果についてお話ししています。ぜひご覧ください!

ONLINE EVENTオンラインイベント
の実績やノウハウ

公開日:

2021MAY

06