GP JOURNAL

【Director’sTV】zoomウェビナーとTeamsライブって何が違うの?どっちがいいの?

こんにちは、GP神谷です。


テレワークが盛んになるなか、様々なビデオ会議ツールが開発・利用されるようになりました。中でもzoomとTeamsが2大巨頭としてしのぎを削っています。

そんなzoomとTeamsがビデオ会議ツールに搭載している機能のひとつが『多人数相手のオンライン(web)セミナー』。会議室に人を集めてのセミナーが開催できない今、オンラインセミナーのニーズは高まる一方。オンラインセミナーのために各ツールの導入を考えている方もいるのではないでしょうか。

……でもこの2社のサービス、具体的に何がどう違うのかわかりにくいんですよね。そこで今回は2社のオンラインセミナーツール『zoomウェビナー』『Teamsライブ』の特徴と使い方をお伝えしていきます!

zoomウェビナーは何ができるの?Teamsライブとの違い、気を付ける点は?

zoomウェビナーはzoomを使ってオンラインセミナーができる機能です。zoomといえばビデオ会議ですが、ウェビナーの場合は講義形式の一方的な配信を意識したつくりになっています。
特徴的なのは参加者が『ホスト』『共同ホスト』『パネリスト』『視聴者』に分かれ、ホストとパネリストは画面でやり取りができる点。

また、パネリストと視聴者の権限切り替えが簡単なので、セミナー前半はパネリスト一人で講義を行い、後半はゲストを呼んでウェビナー上でトークするといった使い方もできます。 また、主催と参加者の間の遅延がほとんどないのも強み。

また、zoom独自の機能として通訳機能があります。自動ではないため通訳の手配が別途必要ですが、6か国語での通訳(通訳した文の表示)が可能です。

なお、zoomウェビナーは視聴者とパネリストは無料で参加できます(主催は有料)。Youtube liveやfacebookライブにウェビナーを同時中継すればzoomアプリが入れられない環境の人でもウェビナーの閲覧は可能と、この上なく参加しやすい環境が揃っています。

ただ、参加人数によって料金プランにかなりの違いがあり、最大人数の10,000人になるとかなり高額になる点、画質はTeamsより少々荒くなる点は注意が必要です。

zoomウェビナーの詳しい使い方はDTVでご紹介しています。ぜひご覧ください!

そもそもTeamsライブってどんなサービスなの?Teamsミーティングとの違いは?

一方の『Teamsライブ』ですが、こちらはマイクロソフトが提供しているリモートワーク用ツール『Microsoft Teams』の機能のひとつ。最大10,000人まで同時視聴ができるオンラインセミナーツールです。
いわゆる講義形式での発信用に作られているため会議のような双方向のやりとりには向きませんが、意思表示用にアンケートや投票の機能があり、そこで意見を集約したりチャット画面にQ&Aを書き込んだりできます。

Teamsライブの強みはなんといっても参加できる人数の多さ。Teamsライブを開催するには有料ライセンスが必要ですが、どのライセンスでも最大10,000人まで同時参加ができるため、社員数の多い会社のセミナー等に向いています。
また、広く参加者を募る方式だけでなく、MicrosoftのTeamsでつながっている人のみ参加可能にするなど、Teamsそのものを使いこなしている会社ととても相性がよくなっています。

ただ、主催側が配信してから出席者側に映るまでに30秒ほどのタイムラグが発生するため、スムーズなやり取りが必要になるフリートークなどにはあまり向いていません。その分zoomより高画質なので、画質にこだわりたいときはTeamsの方が有力候補になるでしょう。

なお、Teamsライブの視聴にライセンス(アカウント)は不要ですが、スピーカーとして参加する場合は主催かどうかにかかわらず有料ライセンスが必要になるので、外部の方をスピーカーとして呼ぶ場合はその点に注意が必要です。

DTVでTeamsの使い方を解説しましたので、詳しくはこちらをご覧ください!

zoomウェビナーとTeamsライブ、それぞれの特徴を活かしたオンラインイベントを開こう!

ここまで説明してきたzoomウェビナーとTeamsライブの特徴を表にまとめると次の表のようになります。

zoomウェビナーTeamsライブ
人数100~10,000人
(プランによる)
10000人
主催有料ライセンスが必要有料ライセンスが必要
スピーカー無料有料ライセンスが必要
参加者無料無料
タイムラグほとんどない約30秒
画質

zoomウェビナーもteamsライブもそれぞれの良さがありますので、自分たちの行いたいイベント・セミナーの内容や参加者の使っているツールに合わせて選んでみてくださいね!

ONLINE EVENTオンラインイベント
の実績やノウハウ

公開日:

2021JUN

09