GP JOURNAL

オンラインイベントの予算ってどれぐらい?

こんにちは!GP神谷です。
今日ご紹介するのは、Director’s TVの第3弾。

今回は『オンラインイベントの予算』について、GP矢野がお話ししています。

オンラインイベントの予算はどのぐらい?

『オンラインイベントの予算』って、正直言ってわかりにくいですよね。そもそも何にどのぐらいの費用が掛かるのか、どこで費用の差が出るのか、リアルイベントと比べたときに高いのか安いのかetc、イメージしようにも雲をつかむようだと思います。

そんな『ぶっちゃけ聞きたい、オンラインイベントの予算』についてお伝えしましょう!

リアルイベントとオンラインイベント、予算の違いはどこに出る?

リアルイベントとオンラインイベントの違いで一番わかりやすいのが『大きな会場を用意するかどうか』ではないでしょうか? 実際、『会場費・交通費』はリアルとオンラインで全く異なります。リアルイベントは当日の会場費および交通費が予算全体を見たときも大きなウェイトを占めているのですが、オンラインイベントではかなり抑えられます。

では、オンラインイベントはリアルイベントよりリーズナブルか?というと……実はそうとは限りません。

なぜかというと、オンラインイベントはリアルイベントに比べて『画面で表現できる幅がものすごく広い』から。
オンラインイベントはただ録画を流すというものではありません。画面のデザイン、CG表現や合成作業、配信システムの整備等々、リアルイベントとは異なる部分での作りこみが必須になるのです。

オンラインイベントの最大のポイントは『CG予算』

オンラインイベントにおいて最も大きな費用と言えるのが、いわゆる『CGのための予算』です。

最近のオンラインイベントはグリーンバック(緑色の幕)で撮影し、CGを合成する手法が主流となっていますが、このCGにかかる費用は決して安いものではありません。CGの中にも2DCG(平面的な画面)と3DCG(立体的な画面)とあり、それぞれ費用感が異なります。

やりたいことに合わせてどこまで何を作りこむかで大幅に変わりますので、基本的にリアルもオンラインも費用感で比較するものではなく、イベントの方向性、実現したいことに合わせて選ぶものだといえるでしょう。

具体的な費用感については、ぜひ動画をご覧ください!

これからはリアル×オンラインのハイブリッド型の時代

今までは『リアルか、オンラインか』という視点でイベントは語られてきました。しかし、これからのWITHコロナ時代においては比較よりも『リアル×オンラインのハイブリッド型』が話題になることが予想されます。例えば、社長と表彰者のみが会場に集まり、他の社員はオンラインでその中継を見る……といった形式ですね。
予算感は当然重要ですが、未曽有の事態だからこそ、頭を柔らかくして考え、どのような形式がベストなのかを考えていくこともまた重要なのです。

弊社では皆様のご要望に合わせ、どのような方式が向いているか、どうすればオンラインイベントならではの成果を挙げられるか等々、きめ細かなヒアリングに基づいて最適なイベントプロデュースを行います。

オンラインイベントをご検討の際は、ぜひお問い合わせください!

ONLINE EVENTオンラインイベント
の実績やノウハウ

公開日:

2020AUG

10

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ