GP JOURNAL

バーチャルにて開催決定!ファッションの祭典「ファッションウィーク」

みなさま、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?GPの宮永です。

エンタメ界隈でもイベントのデジタル化が急ピッチで進んでいて。
その影響はもちろん華やかなファッションの世界にも及んでいるようです。

ファッションウィーク、コロナ危機、ロンドンファッションウィーク
Instagram@londonfashionweek

19世紀末の産業革命以降、娯楽は貴族のみならず大衆のものになりました。そう、私たち一般市民が文化的な楽しみ方ができる時代へと変わっていったんですね。それはアートだったり、思想だったりするわけですが、常にビジュアルという形で文化をリードしてきたのはファッションでした。雑誌や広告、写真の撮り方、商品の見せ方、ブランドの世界観を表現するショーの作り込みなど、憧れの世界を妥協しないァッションシーンはアートからショウビズまで多くの人々に影響を与えてきました。

しかし、それほどまで最前線でやってきた業界だからこそ自負がある。もちろん伝統を重んじる風潮だってあります。例えばアートや一般商材と比べるとハイブランドなどのデジタル進出は遅れているのが現状です。

ファッションウィーク、史上初のデジタル化

そんな中ファッションの祭典“ファッションウィーク”のバーチャル開催が急遽決定!史上初ですよ!

ファッションウィークとは、まあ所謂「パリコレ」とか言われているあのファッションショーのこと。毎年ミラノ、パリ、ニューヨーク、ロンドンの4都市で開催されるこのコレクションによって、その年のトレンドが決まります。参加するのはシャネルやディオール、サンローランなどの老舗から新進気鋭のニューブランドまで多岐に渡ります。

良くも悪くも新型コロナウィルスの影響でバーチャル化に遅れを取っていたファッションシーンに変化の兆しが。今年初のニュートレンドのオンライン配信、見逃せないと思いませんか?

先陣を切ったのは革新を行くロンドンから

ファッションウィーク、コロナ危機、ロンドンファッションウィーク
Instagram@londonfashionweek

ファッションウィーク開催都市の中でも気鋭アーティストや新たな取り組みに軽やかな対応を取っているのがロンドンです。今回もコロナ危機の影響を受けて、6月12日からスタート予定だったメンズファッションウィークの代わりに、メンズとウィメンズを合わせたファッションウィークをこんな状態だしデジタルでやっちゃう?と発表しました。

このバーチャルイベントでは、ポッドキャストやインタビュー、ウェビナーやデジタルショールームの公開など普段のファッションウィークでは見ることのできない細部までを全ての人が見ることができる。

この“全ての人が見ることができる”って実はすごいことなんです…。ファッションウィークってインビテーションカードをもらうのはごくわずかな人々。モード誌の編集長クラスとかじゃないと行けないブランドって結構沢山あるんですよ、、!

さてそんなロンドンファッションウィークですが、声明として以下のようにコメントしています。


ファッションウィークは、ファッションだけではなく社会やアイデンティティ、文化への影響をもつプラットフォーム。このパンデミックを乗り越えた後どう生きていきたいか、どんなビジネスにしたいのかを考えた時にオンライン化は必須だった。各デザイナーもより広いグローバルなコミュニティにコレクションを発信することができるこの方法は率先して取り入れるべき。辛い状況とはいえ、その中から今できることや、それぞれが感じる独自のインスピレーションを見つけてほしい。

すでに各ブランドからはどんなことを実施するのかというアイデアも上がってきています。例えば「アレキサンダー・マックイーン」はyoutubeで制作の裏側を見せる取り組みをスタート。

「ケネス・イゼ」は服作りのプロセスをオンライン上で公開しています。また、トレンドワードでもあるサスティナビリティコーディネートを、#KennethLovesYouというハッシュタグをつけてシェアするようフォロワーに呼びかける取り組みを実施。

こういった取り組みから、コロナ危機によってデザイナーとファンとの距離が縮まっているように感じます。ファッションという「芸術でありエンターテイメント」な存在がここにきて白熱しはじめているように感じるのです。

ロンドンに続くのはパリコレクションとミラノコレクション

ロンドンの流れを受け、ミラノとパリもデジタル化へと動き出しました。2021年春夏シーズンのミラノファッションウィークとパリメンズファッションウィークがデジタルプラットフォーム上で開催すると正式に発表したのです。

ミラノファッションウィークは6月開催予定だったメンズとウィメンズのコレクションをロンドンと同じく合同発表。今回のオンラインミラノファッションウィークでは、各ブランドのクレクションのルックからデザイナーインタビュー、バックステージなど様々なコンテンツを公開するとのこと。

その他にもファッション業界の人々によるトークのストリーミング配信も実施。このデジタルファッションウィークは公式ウェブサイトの他、instagramやyoutubeなどのSNSでも配信されます。

そしてファッションウィーク開催地の中でも一番伝統と格式を重んじるパリ。ブランド世界観をオンラインで配信なんて無粋!と言い出しそうな“あの”パリコレがオンライン配信をするなんて…というレベルの驚きなのですが、パリコレも時代の流れには逆らえない(むしろビッグウェーブに乗っている?)。

まだ公式声明ではパリコレのバーチャル配信についての言及は今の所ないので引き続き動向をチェックしたいですね。

全トレンドを牽引するファッションの動向に要注目

確立された“ファッション”というビッグエンターテイメントだからこそ改革するのは一層大変。しかしこの業界も、今大きく変わろうとしているのです。常に前線を行くファッションの大きな進展。

どの時代も軽やかに新しいものを築き上げてきたファッションはバーチャルでどう世界観を表現するのか?この動向はイベント業界者はチェックしておく方が良さそうです。開催後はどんな取り組みをやっていたのかをまとめて皆様にお届けすることができればと思っておりますので乞うご期待!

ONLINE EVENTオンラインイベント
の実績やノウハウ

2020MAY

21