GP JOURNAL

アメリカ・シリコンバレーから導入!GPオリジナルスクリーン登場

こんにちは。GP小菅です。近年、海外のカンファレンスで主流となっている「コーナーラウンド型スクリーン」をご存知でしょうか。
GPでは2024年春より、「コーナーラウンド型スクリーン」を本格導入いたします。ということで、今回はGP保有のコーナーラウンド型スクリーンの特徴と魅力をご紹介いたします。

コーナーラウンドスクリーンのAIイメージ
※画像はAIで生成したイメージです。

「コーナーラウンド型スクリーン」とは

コーナーラウンド型スクリーンはその名の通り4つの角がラウンドしている、海外のコンベンションなどでも使用されているスクリーンのことです。角がラウンドしているだけといえばそうかもしれませんが、見た時にスタイリッシュさを感じさせます。最近ではGoogle主催の年次開発者会議「Google I/O 2023」で使用されていました。

『Google I/O 2023』ダイジェスト映像

GP保有のコーナーラウンド型スクリーンの特徴と魅力

高さ約6m 幅約11m / 500インチの大型スクリーン

今回導入するコーナーラウンドスクリーンは500インチの大サイズ。大画面スクリーンだからこそ視認性も高く、参加者に没入感を提供することができます。

GPコーナーラウンド型スクリーン図面
GPコーナーラウンド型スクリーン図面

海外カンファレンスのスタイリッシュさを日本で実現

どうしてもマンネリになりがちなビジネスイベント。それを打破するのは細部のスタイリッシュさです。スクリーンのデザインからイベント全体のオリジナリティを演出します。

コーナーラウンドスクリーンのAIイメージ
※画像はAIで生成したイメージです。

いかがでしょうか。「神は細部に宿る」という言葉の通り、ほんのわずかな部分のデザインで受ける印象は大きく変わります。スクリーンの細部にこだわるだけで、イベント全体の印象が大きく変わるのです。「コーナーラウンド型スクリーン」は2024年春に本格導入いたしますのでコーナーラウンド型スクリーンを使ったイベントのご相談お待ちしております!

COMPANY会社のこと

公開日:

2023DEC

14

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ

《 イベントのトレンドや世界の最新情報をお届け 》