GP JOURNAL

ウィズコロナ時代のソーシャルディスタンス図面特集

こんにちは、GP外村です。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベント業界にも『ソーシャルディスタンス』の流れがやってきました。
緊急事態宣言が解除された後も予断を許さない状況が続きますので、しばらくの間はリアルイベントは3密を避けた形での開催をする必要があります。
全てのイベントをオンラインにすることは難しいですし、やはりリアルイベントだからこそ感じられる高揚感や臨場感は捨てがたいもの。

というわけで、我々は現在、リモートやオンライン開催の他、『3密を避けたリアルイベント』の開催に向けて知恵を絞っています。

今日はそんな試みのひとつ、『ソーシャルディスタンスした場合の図面』をご紹介しましょう。

800名弱予定の会場、ソーシャルディスタンスを意識すると……?

こちらの画像は、元々800人弱(780名)収容予定だったイベント会場の図面です。円卓数は65、一卓ごとに12人が座ると想定しています。

まさに『3密』そのものですよね。
このぐらい参加者同士の距離が近いと一段と盛り上がるのですが、今のご時世、さすがにこの状態では開催できません。

では、この図面を『ソーシャルディスタンス』を意識した形に直してみましょう。

直した結果がこちらです。

……あなたの頭の中に「スッカスカだ!」という単語がよぎったのではないでしょうか?
私もそう思います。1枚目と見比べると寂しく感じるぐらいですよね。
このレイアウトはソーシャルディスタンスを実現するため
・円卓の数を減らしてテーブル間の距離を開ける
・一卓につき座る人数を12人から4人に減らす
という変更を加えたものです。

その結果、円卓数は44卓、一卓あたりの人数は4人、合計席数88席という結果に。参加者を1/10近くまで減らしていますので、十分に距離を取ることができます。

……とはいえ、やっぱりもう少し参加者を入れたいところ。
そこで、円卓を外してシアター形式(椅子のみ)のレイアウトも考えてみました。

それがこちらです。

シアター式であっても、椅子を隣り合わせるわけにはいきません。
きちんと距離を取るために一つ一つの席の間を開けています。

円卓がないぶん椅子が置けるスペースが増えたため、総座席数は110席となりました。それでも当初の予定の1/7程度です。
ソーシャルディスタンスを意識した場合、コロナ前の所要人数の1/10~1/7の人数での開催になると思っておく必要がありますね。

東京都最大規模の宴会場をソーシャルディスタンスすると…?

「ソーシャルディスタンスで収容人数が減るなら、会場を大きくすれば…」
そう思う方もいらっしゃるかもしれません。


では、東京都最大級の収容人数を誇る宴会場、『プリンスパークタワー東京』の場合の図面を見てみましょう。
プリンスパークタワー東京の収容人数はシアター形式で2,300名。通常であれば、かなり大規模なイベントが開催できます。

そんなプリンスパークタワーの宴会場をソーシャルディスタンス仕様にした図面がこちら。

2000名以上入るはずの宴会場が…

なんと、収容人数は2,300名から480名まで激減。
しかもこれは『ステージ装飾なしで限界まで座席を入れた場合』のため、実際の座席数はもっと少なくなります。

ソーシャルディスタンス状態の場合、東京都の宴会場で500名以上のライブイベントはできないと考えた方が良さそうです。

緊急事態宣言が解除されてもコロナウイルスがいなくなったわけではありませんし、第二波、第三波が来るとも言われています。
ライブイベントも徐々に再開されていくことと思いますが、しばらくは参加人数を減らし、距離を取ることが開催条件になることも多いはず。
今後はライブ参加とリモート参加の組み合わせなど、新しい形でのイベント開催が必要になりそうです。

KNOWLEDGEイベントノウハウ

2020JUN

03