GP JOURNAL

コロナ禍を逆手に取ったコメディ!?エミー賞表彰式のビックリ演出

皆さんこんにちは!GP松野下です。
コロナ禍においても開催したいイベントといえば、そう、表彰式。アカデミー賞やノーベル賞といった、毎年開催される表彰は従来通りの形式ではない、斬新なアイデアで開催されています。

そんな中、奇抜なアイデアで話題となっているのがアメリカの『エミー賞』の表彰式。エミー賞はアメリカのTV番組に対して贈られる賞で、主にドラマやバラエティ番組に対して贈られる『プライムタイム・エミー賞』を指します。アメリカ合衆国で放送された番組に対する賞のため日本での知名度はあまりありませんが、アカデミー賞やグラミー賞に並ぶ、文化的な賞とされています。

そんなエミー賞(プライムタイム・エミー賞)の表彰式ですが……展開が常にコメディ調!

ノミネートされた方々は、全員がリモート出演。圧巻ですね!

リモート出演

会場にいるのは司会の二人……なのですが

ソーシャルディスタンス

ソーシャルディスタンス広すぎでは……?

さすがはドラマやバラエティ番組のための賞。こだわりぬいたコメディ演出が続きます。

エミー賞受賞者が書かれた大事な資料は、しっかりと消毒!

消毒中

……

消毒ではまだ不安だから、燃やす!
えっ燃やすの?

燃やしました。

……燃えていますね……。

消火中

消火作業も忘れずに!
それにしても、すごい画です(笑)

招待状、焦げる

焦げていますが、何とか資料は無事の様子……無事?

そして、受賞者の発表後、司会からトロフィーが授与されるのですが……

宇宙服かな?

セクシードレスが台無しの、完全防護服姿!受賞者とのギャップがすごいですね!

さすがはエミー賞の授賞式。コロナ禍を逆手に取った、今しかできないパフォーマンスです。どんな環境も笑いに変えられるのですから、すごいですよね。

ちなみに動画はyoutubeでも公開されています。5分ほどの動画なので、ぜひご覧ください!

OTHERSその他

公開日:

2020DEC

05