GP JOURNAL

手土産にいかが?2024年の辰年モチーフスイーツ🐉

Photo:プレスリリースより引用

明けましておめでとうございます!GPの宮永です。

さて、2024年は“辰年”ということで、今年の干支“辰年”をテーマにした縁起良しなスイーツが続々登場中なのは有名なおはなし。そんな辰年スイーツを手土産にして、新年早々クライアントの元へご挨拶に行けば何か良いことが起こるかも…??
ということで、今回は様々なお店が手がける辰年スイーツの中から、特に気になるアイテムをピックアップして皆様にシェアしちゃおうと思います!

2024年は“辰年”!🐉なスイーツ8選

帰省の手土産、お年賀や新年のちょっとしたご挨拶。新年の門出に大活躍してくれる干支をあしらったスイーツは毎年人気。早めに手に入れておかないと、すぐに売り切れになっちゃうかも?みなさんはどの辰年スイーツが気になるでしょうか?

①定番といえば、とらやの羊羹!

辰年 お菓子 とらや 羊羹
Photo:とらや公式HPより引用

とらやの小型羊羹といえば、毎年楽しみにしている方も多い人気の干支スイーツ。古くから崇められてきた神獣で、多くの絵画や神話に描かれる龍ですが、穏やかな新年をゆったり過ごしてほしいという思いを込めて、大空を舞う龍の姿がデザインされています。味はもちろんお墨付き。「羊羹といえば!」な、とらやのスイーツは幅広い世代に愛されるの手土産としてパーフェクト!

②PATISSERIE「栞杏1928」の「クッキー缶・龍」

辰年お菓子 雅叙園 栞杏 クッキー缶
Photo:プレスリリースより引用

ホテル雅叙園東のPATISSERIE「栞杏1928」が年末年始に合わせ期間限定で販売する「クッキー缶・龍」。実はこの龍、ホテル1階回廊の「招きの大門」をくぐった先に現れる龍の彫刻を模したもの。“日本美のミュージアムホテル”をブランドコンセプトにする、ホテル雅叙園東京ならではのアートな干支スイーツ。もらったら誰だって心華やぐこと間違いなし。

③箸置きのおまけつき!ゴディバのニューイヤーセット

辰年お菓子 GODIVA チョコ
Photo:プレスリリースより引用

新しい年のご多幸を願って。今年チョコレートの銘菓ゴディバが送り出すのは2024年の干支「辰」およびラッキーモチーフを描いたボックスに、5種類のカレと2種類の最中オショコラを詰めたニューイヤーセット。

辰年お菓子 ゴディバ
Photo:プレスリリースより引用
辰年お菓子 ゴディバ
Photo:プレスリリースより引用

さらにこのボックスには、「辰」をデザインしたオリジナルの箸置きも入っているとのこと。ダブルで嬉しいスペシャルなギフトです。

④蜂の家のアイコン「まゆ最中」の辰年限定パッケージ

辰年お菓子 蜂の家 まゆ最中
Photo:蜂の家公式HPより引用

“蜂の家といえば”な、「まゆ最中」がお正月仕様に!パッケージのまゆに赤と金で描かれる龍の姿はなんともめでたい!まゆを象った5色のひとくち最中では、小倉、胡麻、白つぶし、ゆず、黒糖の5種のあんを存分に堪能できます。うっすら色づくそれぞれのまゆも美しいので、パッケージだけでなく食べる直前まで目で楽しむことができるのも嬉しいポイント。

⑤銀座・菊廼舎の縁起よしな冨貴寄(ふきよせ)

辰年お菓子 吹き寄せ
Photo:銀座・菊廼舎公式HPより引用

開けた瞬間「はい、豪華!」。

鯛や招き猫、 松・竹・梅などの新春にふさわしい打ち物や、干支をあしらった麩焼き、金平糖など、全ての福を集めた「開運干支缶」。健やかに、穏やかに、素晴らしい年になりますように。そんな願いを込めて、こちらのふきよせを特別な方へ贈ってみては?

⑥銀座あけぼのから、お年玉みたいなおかきの詰め合わせ

辰年お菓子 銀座あけぼの あられ
Photo:銀座あけぼの公式HPより引用

なんだかお年玉のポチ袋みたいで可愛い!開けて嬉しい華やかなおかきは営業先で配るのに最適すぎる……。鶴や2024の数字に加え、松や海老、梅、紅白豆などおめでたいモチーフが盛りだくさん。一見かわいいのだけれど、この細やかなおかきのフォルムって実はとっても難しい。老舗の「銀座あけぼの」ならではの職人技が光る逸品です!なんてプチトリビアと共に手土産にどうでしょう。

⑦まめや金澤萬久の金かすてら「干支シリーズ」

辰年お菓子 まめや 辰型カステラ
Photo:まめや金澤萬久公式HPより引用

美味しいだけじゃないんです。来年の干支である「辰」の型抜きを楽しみながらいただく新感覚の“かすてら”。複雑なカットになっているので切り抜く難易度は高めですが、その分上手に切り抜きできた際の喜びはひとしお。手土産を持って、お客様と一緒に新年早々一緒に金色のドラゴンを切り抜いてみるのも良い思い出。新年早々記憶に残る瞬間を、お客様の脳裏に焼き付けてみてはいかがでしょう。

⑧御菓子所「高木」の鮮やかピンクな上生菓子

辰年 お菓子 御菓子所高木 干支菓
Photo:御菓子所高木公式HPより引用

鮮やかなピンク色がパッと目を引くパッケージですが、実はこのピンク、パッケージだけじゃなくて中の餡にも使用されているんです。1919年に広島で創業した老舗が送り出すこちらのお菓子は、やわらかな上用生地(上質な米粉を使った生地)になめらかなこし餡を包んだ上生菓子。懐かしいのにどこか新しくて可愛いパッケージデザインは染色工芸作家・柚木沙弥郎氏によるものです。

終わりに

お気に入りの辰年スイーツは見つかりましたか?この他にも、各メーカーたちによる様々な干支スイーツは見ているだけでも眼福ですよね。そんな縁起物スイーツをいつもお世話になっている方々へ新年一発目の手土産としてお渡しすれば、ハートと仕事両方ゲットできちゃうこと間違いなし?!それではまた。

TRENDトレンド

公開日:

2024JAN

05

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ

《 イベントのトレンドや世界の最新情報をお届け 》