TOPICS

JAN09
ココロ動く SHORT FILM CONTEST
東京美人

TOPICS

JAN09

TOPICSトピックス

Internal Brandingとは

明けましておめでとうございます!
GPの巨人 永尾悠馬です!

突然ですが、
インターナルブランディングってご存知ですか??

いわば、企業において「従業員が自社をもっと好きになったり、会社に所属できることにもっと誇りを持てるようになったりするための試み」であり、90年代のアメリカが発祥と言われています。

Google Trendsを見ても、2015年頃を皮切りに検索数が急上昇しており、昨今注目されている事象でもあります。
元来、消費者や末端顧客を対象としたアウターブランディングの必要性が論じられてきた一方、インターナルブランディングはさほど重要視はされていませんでした。
しかし、スタッフのホスピタリティ欠陥によるブランド毀損や、品質問題の発生等を防止するためには「内向け」の施策が必要であり、
アウターブランディングだけでは企業ブランド構築が困難であるという言及が成されるようになりました。
そんな背景もあり、インターナルブランディング構築に取り組む企業が、業種業態を問わず増えてきたという実情があります。

例えば、
「周年イベント」は

企業の成り立ちや功績をまとめた映像を作成し、歴史を噛み締めて頂いたり、
社長のプレゼンテーションをより効果的に演出したりすることで
自分たちがその企業に所属していることに喜びを感じたり、誇りを持って頂く機会となります。

「表彰式」では

例えば、ステージ後方からランウェイを通ってメインステージに上がるといったように、登壇方法に工夫をこらしてみたり、
スタイリストを手配し、上位受賞者の方に同じ衣装を着て頂き一体感を演出したり、
受賞者の方喜び、受賞できなかった方の「来年はあそこに立ってやる」というモチベーションを醸成します。
そのモチベーションの伝播がインターナルブランディングに繋がり、全社活性化に繋がります。

GPも2016年に行われた5周年のイベントで、
多くのパートナー様やクライアント様にお越し頂けたことで、
改めて、感謝の気持ちや、自分たちの社会的立ち位置を実感する良い機会となりました。


GPオフィス内でも、
代表の光畑がインターナルブランディングを意識しているであろうポスターをいくつ発見しました!
まずは2階にあったこちら!

「BE THE CHANGE YOU WANT TO SEE IN THE WORLD」
マハトマ・ガンジーの名言ですね。
「あなたが見たいと思う世界に変えなさい」
GP社員が見据える「イベントプロデュースを通じて世界中に幸せを届ける」という未来に向かっての強い意志を感じます。

続いては3階で見つけたこちら!

「Don’t be afraid to be different」
「人と違うことを恐れるな!」
型にとらわれずGP流のクリエイティビティを追及し続けろ、と言うメッセージを感じます。

何気なく見たとき自分たちを鼓舞するような言葉が随所に散りばめられている。
これもGPなりのインターナルブランディングと言えるのではないでしょうか。
元気になった企業は、そのパワーで今まで以上の能力を発揮し、世の中を元気にします。
GLOBAL PRODUCEには、イベントを通じてその手伝いをこれからもして参ります!

最後に
新年早々、GPメンバーのGP愛をお伝えしますね~!
今年もどうぞ宜しくお願い致します!








written by
NAGAO YUMA