TOPICS

AUG04
ココロ動く SHORT FILM CONTEST
東京美人

TOPICS

AUG04

TOPICSトピックス

イベントという『“かけがえのない瞬間”づくり』

 
 
はじめまして、こんにちは。
グローバルプロデュース入社3か月目の染宮です。
過去は税務関係のセミナー会社で広告宣伝の仕事をしたり受付したり司会したりしつつ、コミケに出たりコスプレして走り回ったりハーモニカ吹いたりしていました。
『何者なのか』と聞かれたら『鋭意制作中です』と答えるしかないような新人です。
よろしくお願いいたします。
そんな私が右も左もわからず飛び込んだグローバルプロデュース。
3か月経って、会社が作りたい『イベント』が一体どんなものなのか、
じわじわと分かってきたような気がします。
080401
あなたは『イベント』にどのようなイメージを持っているでしょうか?
非日常、スケールが大きい、がんばった自分へのごほうび、年に数回のお祭り……
色んなイメージがありますよね。
グローバルプロデュースでは周年事業や表彰式など、ドラマチックなイベントを中心に、さまざまなイベントをプロデュースしています。
 
こういった『イベント』は、人によって大きく評価が分かれるものです。
「そんなことにお金を使っているヒマがあったら社員に還元しろ」
という意見が出ることもありますし、業績があやしくなってくると、カットされやすい部分でもあります。
 
しかし――
イベントには、イベントにしかできないことがあります。
それは『かけがえのない瞬間』をつくること。
080402
高い天井と降りてくる装飾のスケールの大きさ。
スポットライトを浴びて輝く自分の輪郭と、光にあたためられる感覚。
マイクを通した声が、顔も見えないぐらい遠くの人まで届いていく実感。
見慣れた仲間の見慣れない衣装。
見たことのない表情。
普段は机に張りつき丸めている背中が、いつの間にか伸びているワクワク感。
そのすべてが、その日、その場に立っていなければ味わえないものです。
 
『情報』なら、いつでもどこでも、いくらでも手に入れられる時代です。
スマホをちょいちょいと操作すれば、地球の裏側の景色まで見える。
どんなニュースも、知識も、思いのままに探し出せます。
 
その場にいなくたって、何でも知ることができる時代。
だからこそ
『今、その場にいて、自分の身体で体験すること』が心を震わせるようになりました。
080403
イベントは、その日、その場でなければ味わえない仕掛けでできています。
大型のステージを作り、巨大スクリーンを用意し、音響機材を運び込み、特注の飾りつけをし、秒以下のタイミングにまでこだわった映像を仕込み、音楽を選び……
テーブルに置くお花の種類や、ネームプレート裏側のサプライズメッセージに至るまで、すべてを『その日、そのイベントを最大限に楽しんでいただくため』に作りこみます。
 
イベントは、いわゆる『消えもの』です。
その時間が終われば、あとかたもなくなってしまいます。
 
けれど、イベントは生き続けます。
モノは何も残らなくても
『かけがえのない瞬間』として、参加者の心の中にあり続けます。
 
会社生活を振り返った時、真っ先に浮かぶできごと。
「あの日があったから今がある」といえるターニングポイント。
何年たっても社内で語り継がれるステージ。
そんな『かけがえのない、最高の瞬間』を作りたい!
 
それができるのがイベントプロデュースのお仕事であり、グローバルプロデュースの役目だと思うのです。
 
常に最先端で、きめ細かく、ハイクオリティなイベントプロデュースをするべく駆け回るグローバルプロデュースを、どうぞよろしくお願いいたします。