GP JOURNAL

【My ChatGPT Contest】ChatGPTを制する者は時間を制する!?

こんにちは、最近新しい趣味が欲しいなと考えているGP坂田です。皆さん、趣味はありますか??
カフェ巡りやスポーツなど様々あると思いますが、新しいものを探すときって時間かかりますよね!インターネットやSNSで探したり……「あ~探すって時間かかるな」なんてそんな皆様に朗報です!!

ご存じの方が大多数とは思われますが、『ChatGPT』は使用されていますでしょうか?ChatGPTを使用すればリサーチや資料作成に関して、圧倒的な時間効率を作り出すことができます。ChatGPTは知っているけれども、意外と使えていないなという方たちにも有益な情報をご紹介できればと思い、今回は、弊社でChatGPTをより知り、深く使えるようにできるようにを開催した『My ChatGPT Contest』の様子を記事にいたします。

『My ChatGPT Contest』ってなに?

ChatGPTで作成したキービジュアル

GP独自で開催した『My ChatGPT Contest』の目的を簡単にご説明いたします。

「ChatGPTを活用して、GPを確実に前進、大きな成果へ繋げること!」

具体的には、20名ほどの参加者を5チームに分け、ChatGPTを使用してGPの業務を効率化できる計画書を作成してプレゼンに臨みます。(※プレゼンはプレゼントというありがたい言葉を研修で勉強しました)
審査は光畑さん、中村さん、小幡さん、大和田さんの4名が持ち点を振り分けて、合計点が高いチームが1位というやり方になります。企画書生産性爆上げチームや、GPグローバル化チーム、AI経理進化チーム等、各チームでテーマを決めてプレゼンをしました!
各チーム、1か月の期間で3~5回ほどMTGを重ね(めちゃくちゃ多い!)プレゼン資料のクオリティを磨きあげていきました。

コンテストの結果は果たして…

各チーム、相当自信がある中で堂々の1位に輝いたのは……『AI経理進化チーム』でした!管理本部のメンバーで固められたチームですが、塩田さんのプレゼンが素晴らしすぎて感動レベルでした(笑)。
「もし、従業員全員に専属の秘書がついたら?」という最強キーフレーズから始まったプレゼンは、最初から最後まで参加者の心をがっちり掴みました。
光畑さんからの少し意地悪な質問に対しても、予測していましたと言わんばかりの準備の良さで適宜に対応していき全く隙のないプレゼンでした!(まさかの管理本部のほうがプレゼン上手な説)

グローバルプロデュース プレゼン

ChatGPTの可能性は無限大

私もこの1か月間、ChatGPTに真摯に向き合う時間が増えました。やはり使えば使うほど愛着も沸き、効率的な使い方・コツが分かるようになってきました。計画書の作成時間が圧倒的に短くなり、より自分のスキルもアップデートすることができたのでコンテストに参加できてよかったなと思います。
逆に、ChatGPTの使用にプロフェッショナルな1年生が入ってきたときにはもう…想像するだけで怖い。いや、最高です!
ChatGPTだけでなく様々な便利ツールが増えていますが、まずはChatGPTを使いこなせるようになれば圧倒的な時間効率を得ることができると感じます!皆さんも時代に置いていかれてしまわないよう、諦めず地道に使っていき最先端なプロを目指しましょう!

COMPANY会社のこと

公開日:

2024FEB

05

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ

《 イベントのトレンドや世界の最新情報をお届け 》