GP JOURNAL

今、LEDウォールスタジオが熱い!~国内最新施設のご紹介~

暑い日が続きますが、皆さんお元気でしょうか?
GP大和田です。
今日はオンラインイベントに欠かせない、撮影スタジオの最新情報をお届けします!

CG合成のためのスタジオが進化している!

突然ですが「CG合成空間」と言えば、皆さん何を思い浮かべますか…?
おそらく、一面が緑色、グリーンバックが広がった空間を想像する方が多いのではないでしょうか。

このような感じ…

もちろん、グリーンバックは現在のCG合成のメジャーな手法です。しかし、実は今、業界に新たな波が押し寄せているんです。その名も「LEDウォールスタジオ」!今回はその活用事例と、国内の主要LEDウォールスタジオをご紹介いたします!!

グリーンバックとLEDウォールって何が違うの?

まずはグリーンバックとLEDウォールの違いについてご説明しましょう。
グリーンバックとは前述の通り『緑一色のステージで撮影を行い、あとからCGで背景を合成する方式』です。

これに対し、LEDウォールは『あらかじめ背景が表示された状態で撮影を行う方式』です。最初から背景が表示されているので後からCG合成する必要がなく、演者も『自分がどんな背景のところにいるかわかる』というメリットがあります。

映画撮影もLEDスタジオで完結する時代

LEDウォールは新しい技術ですが、すでに映画撮影などの画質の良さが問われる業界でも使われ始めています。「遠い昔、はるか彼方の銀河系で……」でお馴染みスター・ウォーズシリーズでの、初の実写ドラマとなる「マンダロリアン」では、270°LEDウォールに囲まれたスタジオで撮影が行われたそうです。

その空間を収めた写真がこちら↓

宇宙空間という、膨大な費用がかかりそうなセットも、LEDウォールであれば一瞬で表現/切り替え可能。実際のセットを作らないため、撮影後の廃棄ゴミが出ないという点で地球環境にもやさしい!

今までの技術・設備では不可能だった『リアルに感じるぐらい精度の高い映像を表示することができる』のがLEDウォール最大のポイント。全ての撮影がスタジオで完結してしまう時代が、もうすぐそこまで近づいてきています。

撮影風景を収めた動画もありますので、是非ご覧ください!(55秒あたりは必見です)

日本にもある!没入感満点の最新LEDウォールスタジオ紹介 

 ここからは国内にある最新LEDウォールスタジオをご紹介いたします!

ヒビノビジュアル Div.「Hibino VFX Studio」

2021年6月にオープンしたこちらのスタジオ。特徴は何といっても高精細なLEDスクリーンです(ROE Visual社 1.56mmピッチ超高精細LED Ruby1.5F)。天井、両サイドにもLEDが設置されており、よりリアルな表現が可能です。

また、カメラ技術も一級品。どんなにLEDスクリーンが美しい映像を映せても、カメラ技術が伴わないと違和感が出たり影が映りこんでしまうのですが、このスタジオでは反射の効果まで計算された設計で、まるでその場にいるような「圧倒的没入感、臨場感」を演出できます。

さらに、XR技術との融合技術も備えており、まさに超最先端なスタジオになっています。

スタジオ機能の詳細に関してはスタジオHPをチェックしてみてください。

サイバーエージェント 「LED STUDIO™」

こちらは2020年11月より、「カムロ坂スタジオ」でサービス提供が始まった、「LED STUDIO™」。

サムスン電子製の巨大画面LEDウォールによるCG映像とLEDライティング技術が組み合わさったことで生み出される、高精細な空間での撮影が可能です。

また、サイバーエージェント社が保有する3DCG技術や空間スキャン技術を活かし、オリジナルのCG背景とLED照明のライティングパターンで制作した「オリジナルのLED空間モデルデータ」の提供も予定しているとのこと。こちらの詳細はまだ出ていませんが、あらかじめ背景データが用意されるのだとすれば、撮影のハードルはぐぐっと下がるはず。

海外や地方の風景を背景としたロケーション撮影や、イベントコンテンツ制作等幅広い利用が想定されます。

スタジオ詳細は、HPを是非ご確認ください↓

いかがでしたでしょうか?
LEDウォールスタジオ、美しいですよね! 今まではスクリーンに表示されている画像はどうしても『ああ、映像だな』って感じてしまうものでしたが、LEDスクリーンは本当にその景色が広がっているかのようです。撮影された映像を見た人はもちろん、撮影中の没入感も高まることうけあい。

コロナによってロケが難しい今、海外に移動しなくてもスタジオ内だけで様々なロケーションでの撮影が可能なスタジオ撮影。グリーンバックでも注目されていた部分ですが、LEDスクリーンによってさらにその可能性が広がりました。

とはいえ、LEDスクリーンが使えるスタジオは現時点では限られていますし、イベントの内容、コンセプトによってはスタジオではなく、ホテル等の会場を借りたほうが良い場合もあります。GPでは、イベントご提案時に細かなヒアリングを通し、豊富な選択肢の中から「最適な会場」をご紹介させていただきます。

イベント開催をご検討の際は、ぜひお声掛けください!!

KNOWLEDGEイベントノウハウ

公開日:

2021SEP

08

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら