GP JOURNAL

採用担当の皆様へ。オンライン内定式(入社式)が生み出す2021新たな企業採用活動

こんにちは!GP川本です。

優秀な人財を囲い込むための採用活動は経営課題の中でも最上位に位置づけられます。

学生たちの時間は限られています。
その中で学生に魅力ある企業として認識してもらうためには、自社の魅力を最大限伝え、学生との強いエンゲージメントを最大化することが欠かせません。

そして、今年の大きなトピックといえばやはり新型コロナ。
新卒採用の広報解禁のタイミングである3月に新型コロナウィルスの世界的な大流行が重なりました。

2021年卒 就職活動

結果、毎年3月に行われていた就職サイト主催の合同説明会が相次いで中止されました。
企業側としては今まで経験したことの無い環境に対する迷いが、そして学生たちには働くことへの不安が渦巻く状況が広がり続けています。

こういった環境を受け、多くの企業は個別対策として会社説明会や面接のオンライン化を急ぐなど、対応に追われている状況かと思います。
採用担当者の方の苦労は察するに余りあります。

そもそも、昨今の日本は経済も安定し、人手不足で、どこの企業も採用に必死になっていました。

優秀な学生たちにしてみれば、自分自身を売り込みやすい「売り手市場」と言えたでしょう(大切な人財を売り買いでくくるのはいかがかとも思いますが……)

しかし、残念ながらこのような状況もコロナ前まででした。
現在、就職市場も前代未聞の大混乱状態です。

学生という人財の不安をいかに取り除くか

正直なところ、コロナ影響下では、採用における過去の成功体験はまったくあてになりません。 そして、この状況下における採用活動の正解も誰にもわからない状況です。

今までの採用プロセスにおける面接、内定、内定式、研修、入社式という流れは、ある意味リアルイベント的な企業活動でした。

しかし、今やこれらの大部分がオンラインにとって代わらざるを得ない時代です。
このような状況下において、企業はどんな課題を抱えるのでしょうか?

私が考える一番大きな課題は『働きだすまでに段階的に育まれていくはずの会社への愛着や信頼が希薄になること』です。

“今まで経験したことの無い緊張で臨んだ面接、狭き門をくぐりぬけ手にした内定、ともに働く仲間と共闘を誓う内定式、期待と不安、前向きな競争を感じる研修、祝福と期待感に満ち溢れた入社式”

いずれも『学生が動くことによって得られるリアルな体験』をベースにした考え方です。

しかし、今後オンライン採用活動が活発になるに従い、学生側だけでなく企業側からの働きかけも重要になっていきます。

いかに不安を拭い去ってあげられるか?
いかに繋がりつづけるか?
いかに有益な情報を提供できるか?

その答えは採用に対する真摯な攻めの姿勢と「効果的なオンラインソリューション」だと思います。

プロセスを点ではなく、線で結ばれたストーリーとして紡ぎだしていく、そのための試みが求められているのです。

グローバルプロデュースはリアルイベントプロデュースの強みを活かし、弊社のオンラインイベントソリューション『LIVE CONVENTION』を使用した企業の採用活動のお手伝いをさせていただいています。

学生たちの人生でたった一度の就職活動へのエモーショナルな想いを受け止め、リアル体験とオンラインソリューションを統合的に組み合わせ、就活を『コロナ禍における新しいストーリー』として提案します。

リアル&オンライン内定式/入社式の一例

(以下要素を組み合わせ就活ストーリーとして提案)

・内定式リアル&オンラインセレモニー企画・演出

・内定者向けポータルサイト構築(インフォメーション、参加型コンテンツ等の格納)

・内定者向け研修ウェビナー設計

・入社式リアル&オンラインセレモニー演出

採用ご担当の皆様。コロナ影響下という難しい時代の採用戦線を有意義なものとできるよう、是非ともご一緒させてください。

ONLINE EVENTオンラインイベント
の実績やノウハウ

2020JUN

30