GP JOURNAL

グランフロント×ハリーポッター‼グランドウィッシュクリスマス2022

どうも!最近会社に近い美容院に行ってみたところ、普段使うコンビニまで一緒で他の美容院が使えなくなったりょうけんです。(まだ鉢合わせはしていない)

本日は僕の地元である大阪梅田で、クリスマス期間限定で開催されていたハリーポッターのイベントに帰省ついでに行ってみたのでご紹介しようかと思います。

GRAND WISH CHRISTMAS 2022とは?

GRAND WISH CHRISTMAS2022とは、大阪の梅田にあるグランフロントが11月10日から12月25日までのクリスマス期間限定で行っているイベントです。「ハリーポッター」魔法ワールドクリスマスの招待状というテーマでグランフロント大阪に訪れる人たちが魔法ワールドの世界観を楽しむことができます。

グランフロントに設置されたハリーポッターイベントの特大バナー
グランフロント大阪にある当イベントの巨大バナー

グランフロントがハリーポッター仕様に様変わり!

今回のイベントに合わせてグランフロントとその付近がハリーポッター仕様に変化していました。普段グランフロントやその付近によく立ち寄られる方はその変化に驚くことも多いのではないでしょうか?

うめきた広場の「テッド・イベール」

ハリーポッター仕様のテッド・イベール
ハリーポッター仕様の「テッド・イベール」

そもそもこのくま、「テッド・イベール」という名前があったんですね…

ハリー達と同じ、グリフィンドール寮の制服を着ていますね!それにしても、この制服は一体どうやって着せたのか..…?

他にも、様々なところにハリーポッター仕様の装飾が施されていました。

グランフロントの外周に飾られたイベントバナー
グランフロントの外周に飾られたイベントバナー
入口に貼られたハリーポッターのシール
入口に貼られたハリーポッターのシール

どれもこだわりの装飾なのですが……なんといっても最大の注目ポイントはハリーポッターの世界観を表現した『浮遊するクリスマスツリー』です。

浮遊するクリスマスツリー
ハリーポッターのクリスマスツリー

期間中は毎日クリスマスツリーのライティングショーも行われているそうなので、クリスマスシーズンにふらっと立ち寄ってみるのもオススメです。

グランフロント大阪×ハリーポッタースタンプラリーの見どころ紹介

ここからは実際に足を運んで感じたグランフロント×ハリーポッター、特にスタンプラリーのの見どころについてご紹介していきます!

ハリーポッターのストーリーを思い出しながら楽しめる

当イベントのスタンプラリーはグランフロントの北館と南館の各フロアにチェックポイントが配置されています。

ちなみにチェックポイントはハリーポッターの各シリーズごとで分かれています。南館B1Fに「賢者の石」、4Fに「秘密の部屋」といった感じですね。そのため、ハリーポッターのストーリーに沿ってスタンプラリーを実行することができます。

もちろん順不同でスタンプラリーを進めることは可能ですが、それだと少し楽しみが薄れる気がするので、やはりストーリーに沿って進めていくのがおすすめです!

各エピソードごとにスタンプラリーを進められます!

さらに、スタンプラリーが設置された場所にはそれぞれのエピソードを振り返られるパネルも置かれていました。もう一度映画を見返したくなるような工夫が満載です。

スタンプラリーのチェックポイント横に設置されたパネル

それぞれのパネルには、各シリーズの有名なセリフも載っていました。スタンプラリーを回りながら次のエピソードの名言を予想するのも楽しかったです。

僕の一押しの名言

なぜ今「ハリーポッター」なのか?

ここからはイベント紹介というテイストからは少し離れて、どうして今「ハリーポッター」なのかという疑問に対する考察メインにシフトしていきたいと思います。(個人的に本番はここからです)

メディアミックスの一環

まず思いつくのが、現在東京の赤坂で行われている舞台「ハリーポッターと呪いの子」や来年の2月に発売されるハリーポッターの新しいゲームソフトなどの宣伝をするためのメディアミックスの一環ということです。

実際にスタンプラリーをしていると、そのことを実感できる箇所を見つけました。

スタンプラリーを通してハリーポッターの世界観を十分に味わえている中での宣伝はものすごく効果が期待できそうだなと感じました。実際に僕はゲームを買う決意を内心固めました。

スタンプラリーを通してグランフロントを一周できる

もうひとつ、今回本当に数十年ぶりくらいにスタンプラリーをして気づいたことがありました(お前いくつなんだよ)

それは「スタンプラリーを通してグランフロントを一周することができる」ということです。

「ハリーポッター」という既に大きなマーケットを獲得しているものを題材にすることで、ハリーポッターファンにグランフロントまで足を運ばせることができる。スタンプラリーを通してグランフロント全体を一通り回ってもらい、ついでにグランフロント内の店舗にも足を運んでもらう。

これこそが今回のイベントの最大の狙いなんだなと感じました。

最後に

いかがだったでしょうか?少し最後はビジネスよりの考察になってしまいましたが、まずは純粋にハリーポッターの世界観を楽しめるイベントが開催されることがうれしいです。

今後僕が担当するイベントでもこういった「世界観」を意識したイベントをプロデュースしたいなと感じました。

TRENDトレンド

公開日:

2022DEC

24

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ