TOPICS
JAN01

GLOBAL PRODUCEに新たな大人のチカラ

いつもWEB-TOPICSをご覧いただいている皆様へ

代表の光畑真樹です。
明けましておめでとうございます。

GLOBAL PRODUCEは顧問を2名迎えることになりましたので、ご報告させて頂きます。
ビジネスは「人」と「人」の信頼によって成長していくものだと考えています。
今回この2人を迎えられた事は確かなGPの未来において重要な意味があると感じています。

新顧問就任の目的

今回、新たに顧問を迎える目的は
「次なる革新」と「5年後の組織図」をつくることにあります。

次なる革新

「革新」というとITやAIといった技術革新のイメージが強いですが、
それらが益々進化し社会に浸透していく中でも、リアルイベントがもたらす・・・感動・・・一体感・・・そして効果は変わりません。
むしろ10年前より重要性が増しているように感じます。

つまりITやAIに負けないぐらい、
リアルな世界とビジネスで・・・革新を起こしたいのです。
組織が革新を起こし新たなステージに行くためには帆に強い風を受ける必要があります。
(その強い風が今回の2人です。)

1つ目の作戦

世界各国のプロデュースの素晴らしい点を吸収し、
世界各国で大きな感動を集めているイベントを日本へ輸入する。
「GLOBAL PRODUCE」という社名を体現する存在として進化していくこと。

2つ目の作戦

より多くのお客様との出会いです。
僕たちはお客様に育てて頂いています。
単純にお仕事の依頼をいただいているだけではなく
その業界のことやイベントプロデュースそのものを教えて頂くことも多いです。
そんなより多くのお客様に出会うための緻密な戦略と行動が必要です。

こうした作戦を積極的に展開することで
当社の大切なお客様の、より良いPARTNERになり
CS/ES/企業業績により大きく確実に貢献致します。
様々な想いがありますが・・・
新たな顧問2名と一緒ならば必ず実現できる。
僕はそう信じています。

新たに迎えた仲間と想いを一つにし、
より一層仕事を楽しみ、学びと進化を続け、お客様を愛していきます。
応援してくださいね。

長くなったので、「5年後の組織図」についてまた今度!
(「光畑さん いい話が浮かばなかったな」・・・その通りです。冒頭で勇んで言ってみたものの・・・)

ではご紹介致します!

繁松徹也 顧問

元フィールズ代表取締役社長

誰もが認めるナイスガイです。
銀行マンを経て大手映像会社常務
そして総合エンターテインメント会社フィールズの代表を務めていました。
リアルイベントを通じてGPのお客様達の未来を創るプロジェクトを一緒に生み出して参ります。
日本が世界に誇れる『世界一のEVENTを創ろうぜPROJECT』を進めてまいります。

【繁松徹也 ご挨拶】
この度、GLOBAL PRODUCE社の顧問を務めさせて頂くことになりました。
活気と熱意あふれるこの会社であれば、
世界の方々に必要とされるライブイベントをパートナー各社様とご提供できる事に留まらず、世界中の心を揺らすようなライブイベントを生み出していく事ができると思います。
社員の方々と共に万里一空の精神で務めて参ります。

七五三木敏幸 顧問

元ポルシェ・ジャパン代表取締役社長

数多くの外資系車メーカーの社長を歴任してきました。
海外との繋がりが深い経験を活かし、
国内だけではなくGLOBAL PRODUCEのアジア市場を見据えた
戦略を一緒に生み出して参ります。

【七五三木敏幸 ご挨拶】
この度当社の顧問としてお手伝いすることとなりました、七五三木です。
グローバルプロデュースは、今はまだ登る朝日がほんのわずか顔を出した東の空のような会社です。
しかし、そのポテンシャルは大きく、いずれ東京のみならず、日本、アジア、そして世界を照らし出すことになるでしょう。
素晴らしいチームとともに私も成長できますこと、心から期待しております。

TOPICSトピックス