GP JOURNAL

コロナ禍にも観光客激減にも負けない!原宿のオシャレマスク事情

お久しぶりです。
グローバルプロデュースの川上です!
皆さま元気にお過ごしでしょうか?

一時期は少しずつ感染者数も減ってきていたのですが、第二波の影響でまた緊急事態宣言が発令、しかも延長してしまいましたね……。
外を出歩くのも気が咎めてしまうのが、なんともしんどい。

そんな中での最近の楽しみは一人暮らしするための物件探しです。
コロナ禍厳しい時期に引っ越しする人は少ないだろう! と思っていたら意外や意外。ワークスペースとして不動産の重要が高くなっているそうで、なかなかいい家に巡り会えません……ニーズってどこにどう生まれるかわかりませんね!

さて、私の個人的な話は置いときまして!

グローバルプロデュースのオフィスの所在地と言えば……
そう、原宿駅!
原宿駅といえば? そう、竹下通り!

竹下通りといえば、若い人で大混雑のイメージがあるのではないでしょうか?

私は出社する際に毎日必ず竹下通りを通るのですが、去年の今頃は皆さんのイメージ通り、修学旅行生と外国人でごった返しており、移動するために人をかき分けるぐらいでした。

しかし……コロナ禍はそんな竹下通りの景色も一変させてしまいました。

現在の竹下通り、お昼の時間帯の現場写真がこちらでです!

竹下通り1

見ての通り、ガラガラ……風が吹き抜けます。
これ、朝ではありません。お昼です。
女子高生さえいない……。

こんな状況下なので、閉店してしまっているお店もたくさんあります……

外出自粛、インバウンドの激減の影響

どうしてこんなに人が減ってしまったのでしょう……。
その原因は言わずもがな、コロナです。
特に大きいのがインバウンド、海外からの観光客の減少!
現在の海外観光客は最盛期の4分の1とのこと。
確かに、竹下通りは日本の女子高生の他にもたくさんの外国人観光客が歩いており、いろんな国の言葉が飛び交っていました。

竹下通りは言わずと知れた駅前一等地。テナントの家賃も相当なものなのでしょう……閉店・休業するお店がどんどん増えています。

休業アナウンス
原宿のシンボルともいわれたクレープ屋さんも休業中…

オシャレ発信地の意地!竹下通りのオシャレマスクブーム


竹下通りと言えば、日本のオシャレの発信地。
コロナという逆風の中にあっても、そのオシャレ魂(?)はまだまだ健在です。
特に最近アツいのが『マスク』!

感染予防が当たり前になっている今、マスクは文字通り必須アイテムとなりました。
その流れを受けてなのか、今、竹下通りは『マスク通り』と言ってもいいぐらい、あっちでもこっちでもマスクを販売しています。

PCR検査キット

こういった、日本でも有名なメーカーのマスクやPCR検査キット(!!)を扱っているところもあります。
しかし、注目していただきたいのはこういった正統派(?)なマスクではなく……オシャレの発信地原宿ならではのカワイイマスクたちです。

現在(2021年2月)、竹下通りではこういったカラフルなマスクを扱っているお店がたくさんあります。
色だけでなく、素材も様々。某〇滅の刃のデザインのものも見かけました。
しかも、竹下通りで売っているオシャレマスクはリーズナブル!

ボア素材のマスクなんて、かわいくて暖かそうで素敵じゃないですか?
こういったオシャレなマスクの予防効果についてはちょっと気になるところではありますが、中にはマスクフィルターを入れて使えるものなど、マスクとしての機能が高いものもあります。
使い捨てマスクの上に重ねるという手もあるかもしれませんね。

「せっかくならオシャレなマスクをつけたいなぁ」という方、ぜひマスクを求めて竹下通りに行ってみてください!

感染対策を心掛けて、コロナに負けないようにしていきましょう!

以上、川上がお届けいたしました!

OTHERSその他

公開日:

2021FEB

12