GP JOURNAL

【1969〜2023まで】PARCOの広告でビジュアルのお勉強!?

渋谷パルコ 広告展 ポスター
Photo:プレスリリースより引用

みなさまこんにちは!GPの宮永です。
今回は渋谷PARCO50周年を記念したPARCOの広告表現を通覧する展覧会、『「パルコを広告する」 1969-2023 PARCO 広告展”』についてご紹介。こちらは11/17(金)よりPARCO MUSEUM TOKYOにて開催中です。

渋谷PARCOの歴史が蘇る、これまでの広告が大集合!

discoverunknowns 渋谷パルコ50周年 ロゴ
Photo:プレスリリースより引用

ユースカルチャーの発信地、東京・渋谷。そんな渋谷の文化史に欠かせない存在といえばそう、渋谷PARCOですよね!この渋谷PARCO、今年で開業なんと50年だそうです!おめでとうございます!
そんな渋谷PARCOにとって記念すべき今年、満を持して開催されるのがパルコの広告表現を通覧できる展覧会『「パルコを広告する」1969-2023 PARCO 広告展』です。

パルコを広告する!展示内容はこんな感じ。

本展では各時代にキーワードをつけ、「2000年代以降〜/アート」から、「1990年代/渋谷」、「1980年代/広告」、そして「1970年代/予言」へと時間をさかのぼる構成で、PARCOの代表的な広告作品(ポスター、CM映像)が展示される構成になっています。さらに各時代ごとにゲストキュレーター2人を招き、対談によって展示作品を選出。単純に広告を並べるのではなく、時代の傾向を見る力に長けたキュレーターによってPARCOの広告の歴史が現代的に再解釈・再編集された展示空間が形成される……という本気さからも、本展示がいかに練られているのかがよくわかります。
ということで、ゲストキュレーターのコメントと展示内容を少しだけご紹介。

1970年代「予言」

渋谷パルコ 1970年代 広告
Photo:プレスリリースより引用

ゲストキュレーター:上野千鶴子氏(社会学者)、はらだ有彩氏(テキストレーター)

「アバンギャルドな表現と伝統回帰、ハイカルチャーとサブカルチャーなど相反する価値観の併存は、この時代のパルコの広告表現、文化活動全般の特徴でした。現代の多様性を肯定する「予言」の時代でした」

引用元:PARCO広告展公式サイト

1980年代「広告」

渋谷パルコ 1980年代 広告
Photo:プレスリリースより引用

ゲストキュレーター:椹木野衣氏(美術批評家)、菅付雅信氏(編集者)

「表層的には明るく軽やかでありながらも、ある種“難解”さを漂わせていた「広告」は、表現ジャンルの花形であり、トップクリエイターが時代相の切り取りを競うことで、より洗練されていった時代でした」

引用元:PARCO広告展公式サイト

1990年代「渋谷」

渋谷パルコ 1990年代 広告
Photo:プレスリリースより引用

ゲストキュレーター:野宮真貴氏(歌手・エッセイスト)、千葉雅也氏(哲学者・作家)

「1990年代に入り、「渋谷」は日本におけるストリートカルチャーの中心地となりました。特に渋谷系の音楽やガーリーカルチャーは親和性が高く、その代表格である方々がパルコの広告に颯爽と登場。Pパルコの広告を媒介に「渋谷」へ世界の才能が集い、共振、そして広がっていった時代でした」

引用元:PARCO広告展公式サイト

2000年代以降「アート」

渋谷パルコ 2000年代 広告
Photo:プレスリリースより引用

ゲストキュレーター:布施琳太郎氏(アーティスト)、野村由芽氏(編集者)

「2000年代を境に広告を含む文化状況の中で「アート」が存在感を増し、今や「アート」は国民的コンテンツになりました。同時並行でデジタル表現も拡大し、広告表現も変化していきました。目まぐるしい変化がある現在ですが、パルコの広告は「アート」と共存し合い、イメージの喚起力に賭ける流儀を絶やさずに表現されています」

引用元:PARCO広告展公式サイト

広告クリエイティブの最前線を突っ走ってきたのが渋谷PARCO

「パルコを公告する」ポスター
Photo:プレスリリースより引用

ファッションやカルチャーを切り口に、ユースのホットスポットでもある渋谷PARCO。商業施設であると共に、これまで日本における広告クリエイティブの最前線を突っ走ってきました。
広告は企業の宣伝活動の一種であり販売促進の手段です。同時に、PARCOの広告は50年を超えるその時代のトップクリエイターたちが手を取り合い、コマーシャルの範疇を超えた表現として発信し、常に話題となってきました。だからこそ、PARCOのこれまでの広告が一堂に集結する本展はクリエイティブの側面からもアーティストやクリエイターたちからも注目の的。イベントやエンタメの世界でも、ストーリーに沿ったビジュアルのクオリティはとても重要。今回のこの展示は目で見て楽しいだけでなく、我々にめちゃくちゃ役立つヒントが沢山眠っていそう……!
ということで、パッと目を引きつける引力のあるクリエイティブのお勉強に『「パルコを広告する」 1969 – 2023 PARCO 広告展』にこの冬訪れてみるのはいかがでしょうか?会期は12月4日(月)までです!

「パルコを広告する」 1969-2023 PARCO 広告展

会期:2023年11月17日(金)~2023年12月4日(月)11:00~21:00  
※入場は閉場の30分前まで。 展覧会初日・最終日は18時閉場
会場:PARCO MUSEUM TOKYO (渋谷 PARCO4F/東京都渋谷区宇田川町15-1)
入場料:無料

TRENDトレンド

公開日:

2023NOV

25

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ

《 イベントのトレンドや世界の最新情報をお届け 》