GP JOURNAL

世界のカウントダウン映像で年末ムードをマックスに!

ニューイヤー、カウントダウン、年の瀬、大晦日
Photo:TimeOutより引用

みなさんこんにちは!GPの宮永です。
いよいよ年の瀬、本格的なホリデームードに突入です。そんな気分をとことん盛り上げるために、世界の年越しの様子を動画でご紹介。お家で家族とのんびりしつつ海外のカウントダウン動画で年越し気分を最高潮にエンジョイしませんか?

カウントダウンの代名詞、タイムズスクエアのカウントダウン(アメリカ)

世界中から100万人もの人が、年の瀬にニューヨークのタイムズスクエアにやってくると言われています。タイムズスクエアと言ったらカウントダウンですもんね。花火やプロジェクションマッピングだけでなく、有名アーティストによるショーも毎年行われるタイムズスクエア。ただ、問題はその圧倒的な寒さ!!一晩中立って過ごすカウントダウンはそれなりの覚悟が必要そう。

パリの凱旋門を彩るおしゃれな花火(フランス)

パリっ子たちが何かとお祭り騒ぎになるときに集まる場所といったらここ、凱旋門。中でもニューイヤーズイブの凱旋門はプロジェクションマッピングや素敵な音楽による演出で「流石パリ!」と思わず唸る、お洒落な年の瀬を楽しめます。またエッフェル塔に打ち上げられる花火も有名ですよね。

さらに、パリのメトロやバスなどの交通は12月31日17:00~1月1日未明まで無料開放されるなんて豆知識も。

英国の誇るロンドンのカウントダウン(イギリス)

ロンドンで人気のカウントダウンといえば「London New Year’s Eve Fireworks」を置いて他にはない!ロンドンアイと呼ばれる巨大観覧車周辺のテムズ川から打ち上げられる花火のゴージャスなこと。。観覧車の円型を生かしたダイナミックな花火大会は、その圧倒的スケールで毎年たくさんの人を魅了しています。

シドニーのハーバーブリッジに上がる花火(オーストラリア)

クリスマスといえば雪景色……とは限りません。例えばこちら、オーストラリアのクリスマスはサンタがサーフィンしているイメージでも有名。そう、南半球は真夏なのです!オーストラリアのシドニーの名物カウントダウンといえば、大河に掛かるハーバーブリッジに上がる美しい花火でしょう。この花火を見ようと毎年100万人もの人がシドニーに集結するのだとか。

マリーナ・ベイのカウントダウン(シンガポール)

シンガポールのカウントダウンはそりゃもうゴージャスなことだろうとイメージはしておりましたが、本当にその通り。特にマリーナ・ベイ・シンガポールで行われるマリーナ・ベイ・シンガポール・カウントダウンはものすごい迫力です。中でもメインイベントとなる花火大会「スターアイランドシンガポール」の運営はなんと日本のエイベックス社。花火を打ち上げるのは卓越した技術を持つ日本の花火職人たちです。その他にもプロジェクションマッピングやライブショーなど、カウントダウンを華々しく盛り上げます!

花火を打ち上げるのは一般人?!アムステルダムのカウントダウン(オランダ)

我々の常識では、花火といえば専門職の人が慎重に取り扱うもの。ですが世界の常識はそういうわけじゃないらしい。というのもオランダ、アムステルダムで行われるカウントダウンでは『12月31日の18時から元日午前2時までは、一般市民が自由に花火を打ち上げることが許されている』なんてめっちゃ楽しそうなルールが!とはいえ、これによる事故が多発しているというリアルな面もあり、大晦日の夜の外出には注意が必要なんて言われたりします。

一方、プロによる花火はアムステルダム最大の港ウースタードックで開催されるのでご心配なく。こちらはもちろん超安全!

カウントダウンは世界遺産プラハ城でも(チェコ)

美しい白に打ち上がる数々の花火。まるでディズニー映画の始まりのようなロマンティックなカウントダウンを味わえるのがチェコ、プラハ。というのも、世界遺産として登録されるプラハ城でニューイヤーのカウントダウンイベントが開催されているんですね。動画を見るとお分りいただけますが、すごい数の花火! そしてこの花火の光が水面に反射するので美しさが倍増。かなりスペシャルなカウントダウンです。

ドナウの真珠、ブタペストの美しすぎる花火

世界一美しい国会議事堂といえば、13世紀、ハンガリーのブダペストに建てられた世界遺産のブダ王宮でしょう。ドナウ川を挟んだ先から見るこの夜景は“ドナウの真珠”と言われ長年にわたり愛されています。ブダペストっ子たちにとってカウントダウンのメイン会場は何を隠そう、長い歴史を持つこちらの場所。夜空に打ち上げられる数々の花火がドナウの真珠を照らすその光景はこの世のものとは思えないほど美しいんです。

リオのお祭り騒ぎな年越し(ブラジル)

リオのコパカバーナビーチで行われる、ブラジル最大規模のカウントダウンイベントも人生で一度は訪れたいイベントです。全長4.3kmのコパカバーナビーチには2018年時点で240万人が集まると言われており、今年はどれほど集まるかちょっと見もの。

終わりに

いかがだったでしょうか? ニューイヤーズ・イブはどこの国でも重要なイベント。国ごとにそれぞれの過ごし方やお祝いの仕方が異なっていて、なかなかに興味深いと思いませんか?一度は訪れてみたい世界各地のカウントダウン、まずは動画でチェックしておきましょう!

TRENDトレンド

公開日:

2022DEC

30

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ