GP JOURNAL

来年10月まで開催中!【藤子・F・不二雄 生誕90周年記念原画展】

引用元:公式HP

みなさんこんにちは!GP宮永です。

突然ですが、今年2023年は漫画家の藤子・F・不二雄さんの生誕90周年なんですって!残念ながら1996年に亡くなられていますが……没後30年近く経っても色あせず、日本、いや世界中から愛されるたっくさんのキャラクター、漫画を世に送り出してくださいました!そんな彼の生誕90年を祝う原画展が11月1日から開催中なのです!
開催期間は来年2024年10月下旬(予定)まで……と、約1年あるのですが、のほほんとしててはいけません。なんとこの原画展、期間中は約4か月ごと、3回も展示原画を入れ替えるそうなのです。ファンなら全て見てみたいもの!

藤子・F・不二雄って!?

藤子・F・不二雄さんといえば、何を隠そう、日本を代表する漫画家ですよね。代表的なのは何と言っても『ドラえもん』!そして『キテレツ大百科』。更には『オバケのQ太郎』(藤子不二雄Ⓐと共作)や『パーマン』(旧作は共作)などなど……。私も幼少期はドラえもんと育ったと言っても過言ではありません。コロ助やQ太郎もパっ!と思い浮かぶキャラクターばかり。

ふたりの藤子不二雄

ところでみなさん、『藤子不二雄』という名前でなんだかややこしいな~と思ったことはありませんか?私はあります、どの名前が1人で、どの名前が2人の作品で……藤子不二雄と藤子・F・不二雄と藤子不二雄Ⓕと藤子不二雄Ⓐ……ん!?!?混乱しますよね。私なりに調べてみました!

まず、本名が藤本弘さんの藤子・F・不二雄さん。藤子・F・不二雄の前は藤子不二雄Ⓕとして活動されています。そして、本名が安孫子素雄さんの藤子不二雄Ⓐさんがいます。この2人が一緒に作品を作ると『藤子不二雄』。つまり藤子・F・不二雄さんも藤子不二雄Ⓕさんも同一人物だったのですね……なるほど。

藤子不二雄Ⓐ

ちなみに『藤子不二雄』としての共作にはオバケのQ太郎やパーマンがあります。藤子不二雄Ⓐさんの単体の作品は……これまたすごいっ!!『怪物くん』や『忍者ハットリくん』更には『笑ゥせぇるすまん』なんかも!こんな2人がタッグを組んでいたんですよね~。すごい以外の言葉が見つかりません。

「好き」から生まれた藤子・F・不二雄のまんが世界

引用元:公式HP

さて、本題に入りましょう。今回開催される展示会のタイトルは【「好き」から生まれた藤子・F・不二雄のまんが世界】。

僕は、すべてにおいて「好き」であることを優先させてきました

[1994年 『小学館五年生』9月号(小学館)]

藤子・F・不二雄先生の言葉です。

子どものころに夢中になった物語、衝撃を受けた手塚治虫先生のまんが、ディズニーのアニメーション映画、手作りの幻燈機、西部劇やSF映画、8ミリカメラ、クラシック音楽や落語、鉄道模型、UFOや未確認生物、歴史や遺跡、そして恐竜……。

F先生の「好き」は枚挙に暇がありません。

本原画展では“「好き」から生まれた藤子・F・不二雄のまんが世界”と題し、藤子先生の「好き」が特に色濃く描かれている原画をご紹介します。 まんがの中に描かれた様々なモチーフにご注目いただき、先生の「好き」を感じ取ってください。

引用元:藤子・F・不二雄 生誕90年特設サイト

開催場所は神奈川県川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムの2階です。つまり、館内は藤子不二雄ワールドそのもの!都内だと渋谷や新宿から電車で15分で登戸へ行き、そこからバスで9分と、意外と遠くはありません!

第1期は11月1日~2月14日!?

上記でもお伝えしたように、原画展は1年間の開催予定で、4期に渡り内容が変わります。今の1期目は2月14日(予定)まで。展示される全てを目に焼き付けたい方は順序良く足を運ぶことをオススメします!

終わりに

ドラえもんは今でもテレビで放送されている人気アニメですよね。ご兄弟やご両親、おばあ様やおじい様、年代に寄って触れてきた藤子・F・不二雄作品はさまざまなのではないでしょうか。是非同世代で盛り上がるもよしですが家族で原画展に足を運んでみるのもよいかもしれませんね。読んだ(見た)ことなかった作品も読んで見たくなってしまうかも……!?もう既に私はキテレツ大百科や昔のドラえもんを見返したい!ではまた♪

住所  :〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
開館時間:10:00~18:00(入館〆切17:00)
入館時間:10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00から1時間
※滞在時間は自由でどの時間から入館しても閉館までいられます。
入場料 :大人・大学生1000円/中高生700円/4歳以上500円/3歳以下無料

TRENDトレンド

公開日:

2023DEC

18

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ

《 イベントのトレンドや世界の最新情報をお届け 》