GP JOURNAL

ハウステンボス レポートPart3 海外旅行in日本!?雰囲気◎のイベントスペース紹介

みなさんこんにちは!GP小川です。

ハウステンボスレポートシリーズ第3弾。今回テーマは、「イベントスペース」です。
(この『イベントスペース』というのは、ハウステンボス主催のイベントではなく、企業イベント等をハウステンボスで開催したい!というケースを指すので、そこはご注意ください)

新田ちゃんの投稿では、テーマのホテルに付随してバンケット会場をご紹介しておりますが、実は!ハウステンボスならではのイベントスペースがまだまだたくさんあります。

この紹介の中には、王道のイベントスペースからあまり知られていない、もしかしたら今回初紹介かも(!?)のスペースもあります。この記事を読んでくださった皆さまだけの特別情報です!

01 圧倒的な空間力、レンブラントホール

まずご紹介するのは、ホテルヨーロッパ内にあるホテルバンケット「レンブラントホール」です。

全スパン475㎡で、立食であれば400名、スクールでは300名ちょっとが入るホール。
※上記の人数は、感染症対策に伴うソーシャルディスタンスを加味しない場合の人数です

この会場の特徴は、大きなシャンデリアと天井側面までもデザインされている壁画ですね。

17世紀のオランダを代表する画家レンブラントにちなんで名づけられてます。HPのサイトはこちら

華やかな空間が良いけど、施工をイチから作るのは大変。運搬費が悩みどころ……そんなことありますよね?
レンブラントホールなら最初から煌びやかな空間ができあがっているのです!

もちろん、控室やクローク、ホワイエもあります。
全体的な間取りは下記の図の通りです。ホテルロビーと同じ階にあるため、移動しやすいのもポイント。

ホテルのロビーから同階で、移動距離が近いのもポイント

また、ロビーとホールの間には待合室に使える部屋もあり、痒い所に手が届く間取りになっています。

02 シンプルな見た目に可能性を秘めた、タワーシティプラザ

どんどん行きましょう!
こちらはハウステンボスの中心に位置する大型ホール。カーペット部分は690㎡で、シアターだと約1000名、立食になると約450名の規模感です。

この日は、修学旅行生のディナー会場でした。羨ましい・・・!

一見シンプルな会場ですが、過去のイベントでは両サイドのカーテンを変えたことがあるとのこと。付帯設備の入れ替えができる会場は決して多くありません。アイデアが広がりますね!

また、ステージ上も130㎡近くあり結構広いのも特徴。ステージの広さは各種コンテンツに関わってくる、大切なポイントです。

03 船酔い知らずの客船会場、マリエラ

次にご紹介するのは……船!
実は、ハウステンボスにはイベントで使える船があります。今回ご紹介するのは、2代目のマリエラです。

誰もが憧れるであろうクルージングディナー。乗船可能人数は200名で、表彰者やVIPゲスト等、特別な方を貸切でご招待するのにちょうどいいサイズなんです。

3階のデッキにはバーカウンターも備わっていますし、花火が上がる日は船から花火を見られるとのこと……大切な仲間たちと見られたら、最高の思い出になりますよね!

04 劇場のようで圧巻!?JRAゲルックホール

こちらはハウステンボスに隣接している、馬券も購入できる大型施設です。会場に一歩足を踏み入れると、そこには驚くほど美しい会場が広がっています。

こちらがJRAゲルックホール

収容人数は1600名なので、コロナ禍で半分にしても800名と十分な広さですし、中央のモニターは300インチと超大型。さらに、それぞれの椅子にテーブルもついていおり、使い勝手も抜群です。

メイン会場をぐるりと囲む通路はこの通り吹き抜けです。晴れた日は日差しで明るく、展示スペースにも良さそうですよね!

05 番外編 ハウステンボスを思いきり味わうなら・・・

さて、ここからは番外編です。ホームページ内には記載がないのですが、視察の際に担当者に特別にいただいた情報を、限定でご紹介しちゃいます。

ハウステンボスといえば、やはりお花が咲き乱れる美しい屋外エリア。
なんと、時期によるものの、1年前~半年前に相談すれば、エリアの貸切りもご検討いただけるとのこと……!

広大な土地を持つハウステンボスには、異国情緒あふれる屋外のイベントスペースがたくさんあります。海外気分が味わえるエモーショナルなロケーションでのイベント……心が躍りませんか?

06 もっと番外編!ホテルを貸切れば、さらなる特別空間に

さらにさらに……ハウステンボスの担当者様曰く、『ホテルの貸切』も受け付けているとのこと。

ホテルの貸切だけではピンと来ないかもしれませんが……つまり、客室やホール、宴会場はもちろん、中庭やホテル前の道といった屋外部分も貸切できちゃうってことなんです!

フォレストヴィラや、ホテルアムステルダムには、まっすぐと開けた道があります。みなさんだったらここで何をしたいでしょうか?

視察に行った私たちのイメージは……全員一致でファッションショーでした。屋外のファッションショーっていいですよね!お天気や木々、お花など、自然の美しさがアートとしてひとつの演出になります。

また、ホテルヨーロッパには冒頭でも紹介したような素敵なホールが併設しているのですが、もっとたくさんの人を巻き込みたい!ホテル貸切って存分に浸りたい!というときには、ロビーごと立食会場にするも一案。貸切をすれば、ホテルの中心に浮かぶステージを使うことも可能! どんどんアイデアが広がります!!

ホテルに関しましても、開催時期や申し込みのタイミングなど要相談となりますので、気になったときはお早めの連絡を忘れずに。。

ハウステンボスでイベントをする魅力とは!

色々とご紹介してきましたが、そろそろまとめを……

ハウステンボスを刺殺させていただいて感じたメリットは「多様性と自由度、そして担当者さまの寄り添い」です。

『テーマパークをイベント会場にする』というと、遊園地的なアトラクションをイメージしがちですが、ハウステンボスの魅力はなんといっても景色。異国情緒あふれる建物に張り巡らされた水路、レンガの道、一年中咲き乱れるお花……
数百人、数千人で海外に行くのは難しいですが、日本でまるで海外にいるような非日常を味わえるならこんな素敵なことはないですよね!

ハウステンボスはイベント会場としての可能性にあふれていますので、気になることがある方はぜひ小川までお問い合わせください!

TRENDトレンド

公開日:

2022JUL

01

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ