GP JOURNAL

カンファレンスとは?意味やミーティングとの違い、目的や方法について

こんにちは!GP大川です。イベント業界にいると様々なカタカナ用語に接しますが、いまいち意味がわからないこともよくあります。しかも、カタカナ語って業界によって意味が違うことも多いので混乱しますよね。
ということで、今回はそんな紛らわしいカタカナ語『カンファレンス』の意味や業界別の使われ方などについてお話ししていきます。

『カンファレンス』は『医療・介護業界』『そのほかのビジネス業界』『スポーツ界』で意味がかなり変わります。これらの業界に縁がある人はぜひこの記事で意味を確認してくださいね!

カンファレンス、英語本来の意味

まずは英語の『conference(カンファレンス)』の本来の意味を見てみましょう。研究社 新英和辞典でconferenceを引くと次のような意味が出てきます。

Conference【名詞】
1可算名詞 会議,協議会 《★【類語】 ⇒meeting》.
hold a conference 会議を催す.
2不可算名詞 相談,協議(すること).
meet in conference 協議に集まる.
3可算名詞 《主に米国で用いられる》 (学校・プロバスケット・スポーツクラブなどの)競技連盟,リーグ,カンファレンス.

研究社 新英和辞典より引用

このように、もともとは『会議』や『協議会』、『連盟』、『同盟』といった意味を持つ言葉です。日本での使われ方も基本的にこの意味に沿っています。ただ、日本での『カンファレンス』は業界によって細かな意味の差があるため、単なる和訳の意味だけを覚えていると誤解が生じてしまったりします。

ちなみに『コンファレンス』という単語もありますが、これは『カンファレンス』のことです。カタカナ読みの表記ズレで、現在は『カンファレンス』と読む/書くのが一般的になっています。

『カンファレンス』がよく使われる業界とは?

日本で『カンファレンス』がよく使われているのは医療・介護業界で、次いでビジネス業界や学問分野です。もともとは医療業界を中心に広まっていた言葉で、最近になってビジネス業界でも使われるようになりました。

なお、スポーツ界でも『カンファレンス』はよく使われているのですが、これは他業界とは全く異なる意味で使われていますので、注意が必要です。

それでは、業界別の意味を見ていきましょう。

医療・介護業界の『カンファレンス』は『ミーティング』

現在、日本で最も『カンファレンス』という単語が使われているのが医療・介護業界です。人によっては医療・看護業界の専門用語だと思っている人もいるほど、業界内で一般化しています。

医療・介護業界におけるカンファレンスは『会議』という意味です。特に小規模(数人~多くても数十人)の会議を指すことが多く、他業界における『ミーティング』や『打ち合わせ』の意味で使われることもしばしばあります。この業界のカンファレンスは基本的に関係者のみが参加します。
また、患者さんを交えた治療方針の説明や、退院前の社会復帰の検討をする機会もカンファレンスと呼ぶことがあります。このように幅広い意味を持つため、医療業界で使われる際には『チームカンファレンス』『ケアカンファレンス』『臨床病理カンファレンス』など、カンファレンスの前に『何についてのカンファレンスか』を説明する言葉をつけるのが一般的です。

ビジネス業界での『カンファレンス』は『大規模会議』

最近、ビジネス業界でも『カンファレンス』という単語をよく聞くようになりました。この場合のカンファレンスは数百人~それ以上が参加する『大規模の公的会議』の意味が強くなります。また、専門性が高いテーマを扱う場合にも使われます。小規模の会議にも使うケースはありますが、ビジネス業界では小規模の会議を『ミーティング』と呼ぶことが多いため、よりイベント的な大きい規模感のものや重要な内容を話し合う機会を指す言葉として選ばれています。また、医療・介護業界同様、『〇〇カンファレンス』と表記し、何についてのカンファレンスかを示すのが一般的です。

学問分野での『カンファレンス』は『学会』

学問分野においては、研究の進展の報告や発表を行う集会、いわゆる『学会』を意味する言葉として『カンファレンス』が使われています。『学会』という単語には学術研究を行う団体と研究発表会、両方の意味がありますが、カンファレンスはあくまでも研究発表会のことを指します。ビジネス業界同様、規模が大きく、専門性が高く、公的な会議を指すケースが中心です。

スポーツ界での『カンファレンス』は『競技連盟』

『カンファレンス』を今までお話ししてきた意味と全く違う意味で使っているのがスポーツ界です。スポーツ界の場合、カンファレンスは会議ではなく『競技連盟』の意味が強くなります。アメリカやカナダでは高校・大学における同じレベルの学校で構成されるスポーツリーグをカンファレンスと呼んでいます。ただ、日本ではこの使い方はあまり一般的ではありません。

カンファレンスの略語はある?

『カンファレンス』という単語自体が少々長いため、『CF』『カンファ』という略称が用いられることがあります。カンファはわかりやすいですが、CFは言われてもピンとこない場合があるので覚えておくと安心かもしれません。

『カンファレンス』は『ミーティング』や『ディスカッション』とどう違うの?

『カンファレンス』と聞いて「えっ、ミーティングじゃないの?」「ディスカッションとはどう違うの?」と思った方もいるのではないでしょうか。特にビジネス業界においてはこの3つの単語が並んでいることが多く、混乱しがちです。
ここからは『カンファレンス』と『ミーティング』『ディスカッション』の違いを見ていきましょう。
なおこれは『ビジネス業界』での使い分けとなり、医療業界とは異なります(そもそも、医療業界では『ミーティング』という言葉自体、あまり使われていません)

『カンファレンス』と『ミーティング』の違い

ビジネス業界で『ミーティング』と『カンファレンス』を分けるポイントは『人数(規模)』と『対象者』です。例えば、社内で行うプロジェクトの進捗確認や連絡をメンバー同士で行うのは『ミーティング』、社外向けに参加者を募集したり専門家を集めたりする、規模の大きな会議は『カンファレンス』となります。また、カンファレンスは外部向け要素が強くなるため、イベント的な企画を必要とするケースも多いようです。

『カンファレンス』と『ディスカッション』の違い

『カンファレンス』と『ディスカッション』の場合、規模感もですが、そもそも目的が異なります。ビジネス業界におけるカンファレンスは主催からの情報提供や意見のすり合わせ、専門家による研究発表など、目的に合わせて様々な要素が組み合わさることが多くなります。それに対し、ディスカッションはあくまでも『(少人数での)討論』。特定のテーマに対して少人数でのグループを組み、意見を出しあって協議することを指します。カンファレンスのプログラムのひとつとしてディスカッションが行われることはありますが、逆はありません。

『ミーティング』と『ディスカッション』の違い

『ミーティング』と『ディスカッション』もまた、違いが分かりにくい言葉だとされています。この2つは共に小規模で行われるため、より混乱しやすいかもしれません。

2つの違いは『目的』です。ミーティングは『小規模で集まって』『何かをする』ことを指します。この『何か』には情報共有や報告、相談、打ち合わせ、確認等、様々なものが該当します。

これに対し『ディスカッション』は『小規模で集まって』『討論する』ことを指します。ミーティングはそれだけでは何をするかわかりませんが、ディスカッションは何をするか明確なのです。

どんな時にカンファレンスを開催するの?

ミーティングや株主総会、キックオフ、新商品発表会、パネルディスカッション等々、様々なイベントがある中、あえて『カンファレンス』という言葉を使うのはどんな時でしょうか?

2021年現在、ビジネス業界において『カンファレンス』という言葉は公共性と専門性の高さと結び付いています。その視点で考えると、自社の商品やコンテンツに関連する専門的な情報を扱うイベントや、複数の会社で協力し、業界そのものを外部にアピールするイベント等が考えられます。カンファレンスという言葉が使われるようになったことにより、商品やコンテンツではなく、そこにまつわる専門知識や情報に焦点を当てたイベントにも注目が集まりやすくなっているのです。

カンファレンスはどうやって開催する?

ここまでお話ししてきた通り、『カンファレンス』といっても内容は様々です。ビジネス業界におけるカンファレンスは規模が大きくイベント的な要素を含みやすいため、『どんなイベント(企画)にしたいか』というイメージを明確にして組み立てていく必要があります。会場についても同様です。カンファレンスだからといってカンファレンスルームを借りなければならない、というわけではありません。配信スタジオを借りてオンライン開催を行うこともできますし、ホテルの宴会場を使うことも可能です。

・何についてのカンファレンスなのか
・登壇者は誰か
・参加者は誰か
・リアル開催か、オンライン開催か

等々をまとめることで、望むカンファレンスの形が見えてくるはずです。

ビジネス業界のカンファレンスは規模が大きく、外部向けのことも多いため、社内イベントとは毛色が違う点が多々あります。特に初めてカンファレンスを開催する場合や規模が大きくなる場合などは、自社主催にこだわらずにイベント会社の活用も検討したほうがスムーズです。

なお、弊社ではオンライン/オフラインにこだわらず、クライアントの狙いをしっかりキャッチし、狙った効果を得られるイベントプロデュースを行っております。カンファレンスでイベント会社を使いたい際はぜひ弊社もご検討ください。

オンライン / ハイブリッドイベント LIVE CONVENTTION
オンライン / ハイブリッドイベント LIVE CONVENTTION

まとめ:カンファレンスは業界ごとに意味が違うので注意

『カンファレンス』という言葉は先に医療・介護業界で広まっていた言葉であり、ビジネス業界ではそれほど使われていません。そのため、今後の世間の動向によっては意味が変わってくる可能性もあります。しかし、この言葉が意味する『公共性のある大規模会議』はオンライン全盛の今、ニーズが高く、様々な広がりが期待できる側面もあります。BtoBはもちろん、BtoCのコンテンツ、イベントとしてカンファレンスを考えてみるのも一つの戦術かもしれません。

KNOWLEDGEイベントノウハウ

公開日:

2021OCT

05

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ