TOPICS

OCT16

アーカイブ

ココロ動く SHORT FILM CONTEST
東京美人

TOPICS

OCT16

TOPICSトピックス

表彰式って、何のために行うの?

社内イベントの中で最もポピュラーなイベントといえば、表彰式です。
営業成績をたたえるものだけでなく、新製品開発への貢献、チームビルディングや広告・マーケティング部門など、様々な視点で活躍した人を表彰するイベントを行う会社は少なくありません。

表彰式イベントをGPにご依頼いただくことも多く、腕の見せ所と毎回張り切っています。
 
……ところで、こんな風に思ったことはありませんか?
 
「表彰式って、何のために行うの?」
 
全てのイベントには目的と、クライアントが叶えたい願いがあります。それは表彰式も同じです。
「えっ、表彰式って表彰することが目的じゃないの?」と思われたでしょうか?

もちろん、それは主目的の一つです。
でも、表彰式には違う側面での目的もあるのです。

今回は「表彰式は何のために行うのか」に迫ります!

表彰式の目的とは…?

もし、表彰式の目的が『表彰すること』なら、表彰する人・される人だけが集まって行えばよいことになります。

表彰式の様子を周りに知らせる必要も、イベントにする必要もありません。(その方が経費も浮きますし)

でも、実際の表彰式の多くはわざわざ大きな会場を借り、演出をして、表彰される人以外の社員や関係者を集め、大々的に行っています。

なぜでしょうか?

それは、表彰式の目的が
『大きな成果を上げた人を表彰することで、参加者全員の心を揺り動かすこと』にあるからです。

 

表彰式で注目されるのは表彰者です。表彰された人は努力が報われたこと、目標を達成したことを噛みしめることができます。
その一方、表彰されなかった人はスポットライトを浴びる同僚を見て

●「努力が報われてよかった!」と、自分のことのように喜んだり
●「私もあそこに立ちたい!」と奮起したり
●「訪問数は同じぐらいだったのに、何が違ったんだろう?」とわが身を振り返ったり

様々なことを感じるのです。
人間は感情の生き物です。表彰式は、感情を揺り動かし、モチベーションを引き上げる場に最適なのです。

また、同じ企業で働いていても、自分の部署以外のことは案外わからないもの。他部署の表彰を見ることで「なるほど、そういう仕事もあるのか」「業務がスムーズになったのはあの人達のおかげなんだ」と知るキッカケにもなります。

このように『表彰式』を通じ、会社全体を成長の流れに乗せることこそ、表彰式の大きな目的なのです。

 

表彰式は『来年のため』のイベントでもある

こうして見ていくと、表彰式が『今年の活躍をねぎらう場』であると同時に『来年の活躍の準備をする場』であることがわかります。

表彰式によっては、受賞者紹介で会社の新技術を紹介する場合もあります。
受賞者自らが登壇し、自分のノウハウを公開する場合もあります。
また、新しい賞を設けることで、会社の方針発表の一部とすることもあります。

会社がわざわざ経費をかけてまで大々的な表彰式を行うのは、それが「翌期の業績に関わる重要なイベント」だからなのです。

このように『表彰式』といっても「何の目的で行うか」「その結果、社員にどうなってほしいか」の具体的な姿はクライアントによって異なります。

 

GPはこれからも丁寧なヒアリングにより、「何のために」をしっかりと掘り下げて表彰イベントを行って参りたいと思います!

(お仕事お待ちしておりますワン!)