GP JOURNAL

キーワードは“脱スマホ”!星野リゾートの新形態ステイとは?

みなさんこんにちは。GPの宮永です。

突然ですがみなさん 、ここ最近疲れていませんか?!
終わらない仕事に人間関係etc。色々なことがあると思いますが、その疲れの原因もしかしたら“スマホ疲れ”かも?年末年始のお休みこそ様々な疲れから解放されたい。そんな人にぴったりな星野リゾートが提案する新たな形態の宿泊イベントを発見したのでシェアさせてください!

チェックインでスマホを封印!「脱スマホステイ」が登場

スマホをブロック
Photo:プレスリリースより引用

星野リゾートが展開するルーズでカジュアルな滞在を楽しむホテルブランド「BEB(ベブ)」。これまでなかったコンセプトのステイプランを数多く提供してきたこちらのブランドが今回提案するのは、スマホがなくても思いっきり仲間と過ごす時間に没頭できる「脱スマホステイ」です。なんとこのプラン、到着と同時にスマホを封印(!?)し、デジタルから離れて過ごすことができます。

チェックインの時点でスマホ封印?!と驚かれるかもしれませんが、確かにこれくらい強行突破しない限り現代人のスマホ離れって難しそう……。デジタルデトックスという言葉もありますし、このプラン、需要は果てしなくありそう。この発想がさすが星野リゾートさん、勉強になる〜。

スマホが封印されるということは、メールや電話、スマホでの撮影はもちろん、すっかり定着したQRコードを読み取っての手続きなどもできないということ。とはいえ、撮影も電話も手続きも、もともとはスマホなしでおこなっていたんですよね。というわけで、チェックインに使うのはプロフィール帳(もちろん手書き!)写真を撮影する代わりに絵を描くというアナログ仕様。どこか懐かしさを感じる体験が多々登場です!

プランが生まれた時代の背景

パソコン スマホ デジタル

先ほども少し触れた”デジタルデトックス”という言葉はここ最近の密かなトレンド。本プラン誕生の背景には、近年スマホやSNSへの依存傾向の高まりがありました。

例えばZ世代のスマホ所有者に対する調査では、約半数の51%が「SNS疲れを感じる」と回答しているそうです。一方でグループインタビューでは「スマホは命」という回答が聞かれるなど、Z世代にとってもはやスマホは身体の一部にも。これは相当ややこしい問題です……。そしてキーボードを叩く私の耳もめちゃくちゃ痛い……。

さて、今回ご紹介しているBEBブランドのターゲットは若い世代です。つまり、スマホ依存は疲れるけど手放せないというZ世代にドンピシャ!「旅先くらいはSNS疲れとは離れ、スマホがなくてもこんなに楽しい!と感じてほしい」という思いが企画の発端なのだそう。脱スマホステイで非日常を体験しながら、いつも以上に仲間と一緒に過ごす時間を楽しむことができるなんて、これぞまさに本当の贅沢時間なのかもしれない……?!

気になるステイの特徴は?

さて、では本プランの特徴を一緒にチェックして行きましょう!

①チェックインと同時にスマホを厳重に封印!

スマホを鍵付きボックスに封印
Photo:プレスリリースより引用

脱スマホステイは、名前の通りスマホの封印からスタート!具体的に何をするかといえば、スマホは鍵付きのケースに封印し、脱スマホへの意気込みを念書に記入します。ただ預けるだけじゃなく、わざわざ封印して念書まで書くのがミソ。暇さえあればついつい見てしまうSNSやLINEの通知も、スマホを丁寧に封印した以上は忘れるのが吉!さあ、仲間との時間に没頭しましょう。しかも、チェックインはデジタルではなく、プロフィール帳を手書きで記入してのチェックイン。しかもこのプロフィール帳、子供のころ友達と交換した「あの」プロフィール帳のデザインなんです!懐かしくてテンション爆上げの反面、仲間の知らなかった一面だって知ることができちゃうかも!?

②記録に残す手段は「写真」ではなく「絵」

beb お絵描き
Photo:プレスリリースより引用

脱スマホステイでは当然、スマホカメラでの撮影はNGです。というか、スマホを持っていないので撮りたくても撮れません。じゃあ、旅の思い出はどうやって記録に残せばいいの!?そこで出てくるのが、なんと「絵」。脱スマホステイでは仲間の似顔絵やお出かけした先の風景など、思い出を絵に描いて残します。絵で残すには相手やその風景をいつもより観察する必要がありますよね。集中してじっくり見た結果、今までは気づかなかった新しい発見ができるかも!?仲間と盛り上がること間違いなしです。

③滞在中の思い出はノートを見せ合いっこ

思い出をノートに書く
Photo:プレスリリースより引用

情報収集も思い出のシェアもSNSが当然の今、スマホなしで情報を集めるというだけで新鮮ですよね。脱スマホステイで情報収集・仲間内でのシェアに使用するのはなんと「ノート」!ノートならその内容やコメントが全世界に広がることもありませんから、いつもより素直に書けるかも?また、プランにはノートの情報を元に目的地へ向かうという仕掛けもあります。GPSなし、現在位置も目的地への距離もわからない中、あたりをじっくり眺めながら歩く……そこには今まで出会ったことのない景色が広がっているかもしれません。

終わりに

土浦エリアマップ
Photo:プレスリリースより引用

本当に星野リゾートさんは時節柄を読み解くのがお上手。またラグジュアリーさは抑えつつ、他で遊ぶところは思いっきり遊ぶ。そして遊ぶときには人々が本当に求めているものや、課題解決の手助けになるものなど多岐に渡ったサービスを提供する。

もちろんイベントシーンとホテルシーンは違うけれど、人々に求められるプロダクトやクリエーションのベースは“何を伝えたいか”という確固たる信念だと思うのです。そういう意味でいうと、星野リゾートのコンセプトデザインはとにかく一流。だからこそ、長きにわたり多くの人に愛されるブランドとしてホテル界のトップに君臨しているのでしょう。そして成功するイベントには揺るぎないコンセプトというのは必要不可欠。

時節柄を読み解くコンセプトと今だからこそ出来ること。そしてそのコンセプトを叶えるスピード感。そんなアレコレを学べるチャンスは色々なところに眠っています。まずは星野リゾートBEBの「脱スマホステイ」から学んでみるのもありなのでは?それではまた!

「脱スマホステイ」
期間    :2023年11月1日~通年
料金    :1室1泊 13,530円~(税込、食事別、2名利用時)*施設によって異なります。
含まれるもの:宿泊、滞在中の貸し出しアイテム 
*スマホを封印するケース、イラストセット、ノートなど。
定員    :1日1室限定 *客室の定員に準じます。
予約    :各施設の公式サイトにて4日前まで受付

TRENDトレンド

公開日:

2023DEC

01

当社のサービス業務の流れ、実績をお聞きになりたい企業様はこちら
お問い合わせ

《 イベントのトレンドや世界の最新情報をお届け 》